人工知能は人類を滅ぼすのか




どうも、SHU(@kitajimashuichi)です。

朝日新聞グローブの創刊10周年記念号というものに気になる記事が掲載されていましたので、自分用の記録を兼ねて紹介させて頂きたいと思います。

 

人工知能は人類を滅ぼすのか

2015年以降、グーグルの子会社でAI「アルファ碁」を開発したディープマインド社をはじめ、世界各地で人間を超える知性を持つ「AGI(汎用人工知能)」の開発を目指す企業や団体が相次いでいます。人工知能が爆発的な進化を遂げ、現在とはまったく違う世界が出現する「シンギュラリティー」の到来を予測したり、人工知能が人類を滅ぼしかねないと主張したりする識者も少なくありません。一体、何が起ころうとしているのでしょうか。


「AGIの開発につながる、最新の機械学習を試みている研究者がいる」。そんな話を聞きつけて8月末、アメリカ合衆国カリフォルニア大バークリー校助教授、セルゲイ・レヴィンの研究室を訪れました。

だが、レヴィンと学生たちの実験を目にした時には、少々脱力しました。AIがロボットアームを操作し、おもちゃや本を動かそうとするのだが、その動きはあまりにもぎこちなく、たどたどしい。このような実験が「人間を超える知性」の実現に繋がるのでしょうか。

工場のロボットは複雑で精緻な動きをしますが、予めプログラムされた融通のきかない動作であり、たえず状況が変化する外の世界では通用しません。レヴィンたちはAIが自ら「モニターに映し出されたさまざまな物体を動かす」という試行錯誤を通じて、「腕をどう動かせば、物体がどこに移動するか」予測させることを試みています。赤ん坊が遊びを通じて、徐々に外の世界を学ぶように。

私たちは、天才棋士を打ち破った「アルファ碁」の実力におそれを抱きます。しかし、「碁盤」という限定された場と、厳密なルールで作られた碁の世界は、私たちが生きる現実世界と比べれば、おそろしく単純です。目標が明確で、限定された世界では、時として人間をはるかに上回るAIも、現実世界では人間はおろか、イヌやネコの知性にも及びません。

レヴィンによれば、人間とAIの能力さが際立つのが「新しいことを習得する際に必要な学習量の差」だとのことです。人間は「過去に学んだ経験」を次の学びに生かせれますが、機械にとってそれは難しく、一から学び直すしかありません。レヴィンは「学び方を学ぶ『メタラーニング』をAIに習得させる道は、まだ遠い」と率直に話します。


AIを駆使した企業むけ顧客情報管理などのサービスを世界15万社以上に提供する「セールスフォード・ドットコム」(本社サンフランシスコ)のチーフサイエンティスト・ソーチャーも「私は、AIがあらゆる産業を変革すると強く信じている。だけど、予見できる範囲の未来では、AIは単なる道具に過ぎない」と断言します。

AGIやシンギュラリティーの可能性を信じる人々が、決まって根拠として挙げるのが、礎となる半導体の性能は、「倍々ゲーム」的に向上してきました。そうした爆発的な進化が続けば、AIの能力はあっという間に人間に追いつき、追い越してしまうでしょう。

しかし、ソーチャーは「人間の子どもも成長期には言語などの能力をすごい勢いで発展させるが、成熟すれば勢いは止まる。技術もそうであり、『指数関数的発展』の永続はあり得ない。AIをAGIへと進化させるためかけている要素は何か、まだ全然わかっていない。AIが自ら目標を持つようになるには後50年、あるいは200年ぐらいかかるのではないか」と反論します。

取材した他のAI研究者や経営者たちも、AGIの可能性には慎重な見方が多かった。日々AIと格闘しているがゆえに、その限界も身にしみているのでしょうか。


一方で、AGI実現に向けての有力なアプローチと考えられているのが、生物の脳を模倣することです。スイス連邦工科大学ローザンヌ校の「スイス・ブレイン・イニシアティブ」は2005年から、ネズミなど齧歯類の脳の構造と機能をコンピューターによって再現し、最終的には人間の脳それ自体をシュミレートすることを目指す「ブルー・ブレーン・プロジェクト」を進めています。

プロジェクトを主導するヘンリー・マルクラムの下、シュミレーション部門の副責任者を務めるエイリフ・ミュラーは、「AGIの実現可能性について、私は何の疑いも抱いていない。ただし、実現は2050年以降になるだろう」と話します。ミュラーが担当するのは、脳の中でも新しいことの学習などの高度な機能を担う「新皮質」を解明することです。

人工知能に革命をもたらしたディープラーニングは元々、新皮質の情報処理システムにヒントを得て開発されましたが、実際の脳の学習過程は、ディープラーニングよりもずっと複雑です。「今後5年以内に、ネズミの脳の新皮質の働きをスーパーコンピューターで再現することを目指している。ネズミの脳を理解することは人間の脳の理解につながると同時に、ディープラーニングの技術に新たなブレークスルーをもたらすだろう」とミュラーは期待しています。

それは、「機械に人間のような『学び方を学ぶ力』を身につけさせたい」というレヴィンの問題意識とも重なります。ディープマインド社や、アメリカ合衆国の投資家らが参加する「オープンAI」も、人間の脳を模倣したAGIを開発しようとしています。