私は浪費が無駄だと思わない。




どうも、SHU(@kitajimashuichi)です。

 

みなさんは「浪費」してますか?私は「浪費」してます!(笑)

あまり自覚はしていないのですが、よく周りの人たちから「浪費家やね」「浪費癖すごいね」などとよく言われます。

 

ネットで「浪費」と検索すると、「浪費癖を治す方法」といったような検索結果が多く出てきます。

私は浪費しているというような自覚はあまりありませんし、むしろ本当に無駄だと思うものには一切お金は支払わないタイプの人間だと自分では思っています。

 

なぜ、「浪費家やね」「浪費癖すごいね」と言われているのか疑問に感じたので調べたことをいろいろと書きたいと思います。

 

お金の使い道(出費)には、3つの使い道がある

お金の使い道には、消費・浪費・投資といった、3つの使い道があります。

それぞれ見ていきましょう。

 

消費

[名](スル)

  1.  使ってなくすこと。金銭・物質・エネルギー・時間などについていう。「ガスを消費する」「消費電力」
  2.  人が欲望を満たすために、財貨・サービスを使うこと。「個人消費」

引用 デジタル大辞泉(小学館)

消費とは生活するために最低限必要な出費のことをさします。

お金=価値・・・支払った金額と同等の価値や効果が期待できる出費のことです。

 

浪費

[名](スル)

金銭・時間・精力などをむだに使うこと。むだづかい。「資源を浪費する」「浪費家」

引用 デジタル大辞泉(小学館)

浪費とは支払った金額よりも将来にわたって得る利益・メリットが少ない出費のことをさします。消費以外の必要のない無駄な出費のことです。

お金>価値・・・支払った金額ほどの価値や効果が期待できない出費のことです。

 

投資

[名](スル)

  1. 利益を得る目的で、事業・不動産・証券などに資金を投下すること。転じて、その将来を見込んで金銭や力をつぎ込むこと。「土地に投資する」「若いピアニストに投資する」
  2. 経済学で、一定期間における実物資本の増加分。

引用 デジタル大辞泉(小学館)

投資とは将来資産を増やすために使う出費のことです。

お金<価値・・・支払った金額以上に価値や効果に影響が期待できる出費のことです。

 

理想的な出費の比率

理想的な出費の比率は、

  • 消費:70%
  • 浪費:5%
  • 投資:25%

と言われています。

 

つまり月収20万貰っているとすると、

  • 消費:14万
  • 浪費:1万
  • 投資:5万

くらいの出費が理想的だということです。

 

私の場合「浪費家やね」「浪費癖すごいね」などとよく言われるので、周りの人から見た私の出費の比率は、

  • 消費:70%
  • 浪費:25%
  • 投資:5%

くらいなのではないかなと大体予想されます。

 

しかし、冒頭でも述べたように私は浪費しているというような自覚はありませんし、むしろ本当に無駄だと思うものには一切お金は支払わないタイプの人間だと自分では思っています。

なぜ、「浪費家やね」「浪費癖すごいね」などとと言われるのか考えてみたところ、他人から見れば無駄なものでも、私からすれば必要な自己投資のひとつだと考えているからという結論に至りました。

他人から見て、お金・時間・精力などを無駄に使っているように見えても、私はそのために使ったお金・時間・精力は自分の経験値になると思っています。

無駄か無駄でないかは、結局人それぞれの価値観によるものだと思います。

自分で自己投資の為だと思って使っているお金でも、他人からすれば無駄なものにうつることもあるということです。

 

そのため、私自身から見た自分の出費の比率は、

  • 消費:70%
  • 浪費:0%
  • 投資:30%

だということです。

 

私は、浪費が無駄だとは思いません!