『全力で「遊ぶ」「働く」「学ぶ」』ために重要なこと




どうも、複業家のSHU(@kitajimashuichi)です。

 

私のブログのテーマは、”全力で「遊ぶ」「働く」「学ぶ」”です。

私は「遊ぶ」「働く」「学ぶ」を同化させた、三位一体型の人生を模索しており、1つのアクションが、遊びとも、仕事とも、勉強とも解釈できるような人生を目指しています。

 

全力で遊んで、全力で働いて、全力で学ぶ。

この3つのことに対して、私が一貫して大切にしていることがたったひとつあります。

 

それは何か?

それは、その作業に対して「没頭」することです。

 

仕事でも勉強でも、あるいは趣味の分野でも、人が物事を好きになっていくプロセスはいつも同じです。

人は何かに「没頭」することができたとき、その対象を好きになることができます。

 

スーパーマリオに没頭する小学生は、ゲームが好きになっていく。

ギターに没頭する高校生は、音楽を好きになっていく。

読書に没頭する大学生は、本を好きになっていく。

営業に没頭する営業マンは、仕事が好きになっていく。

 

ここで大切なのは順番です。

 

人は「仕事が好きだから、営業に没頭する」のではありません。

順番は逆で、「営業に没頭したから、仕事が好きになる」のです。

 

私自身も「料理に没頭したから、居酒屋のアルバイトでさえ好きになった」、今は「ブログを書くことに没頭しているから、ブログ運営が好きになった」のです。

 

心の中に「好き」の感情が芽生えてくる前には、必ず「没頭」という忘我があります。

気が付いたら何時間も経っていたとか、いつの間にか朝を迎えていたとか、そういう無我夢中な体験です。

 

私も、ブログを書いていて気が付いたら日の出なんてことがよくあります(笑)

 

つまり、仕事が嫌いだと思っている人は、ただの経験不足だということです。

仕事に没頭した経験がない、無我夢中になったことがない、そこまでのめり込んだことがない、それだけのことなのです。

 

どうすれば没頭することができるのか?

没頭するために重要なことは、「自分の手でルールをつくること」です。

私が今没頭しているブログ運営を例にあげると、「毎日、1日1記事更新する!」とか「ブログのデザインをこうしたい!」とかなんだっていいんです。

自分で作ったルール、自分で立てたプランだったら、納得感をもって取り組むことができます。

 

ルール作りのポイントは、「遠くを見ないこと」です。

例えば、「目指せ!ブログ月収入100万!」とかではなく、まずは「1日1記事」というノルマを自分に課し、来る日も来る日も「今日の目標」を達成することだけを考えます。

人は、怠ける生き物です。長期的で大きな目標を掲げると、迷いや気のゆるみが生じ、うまく没頭できなくなります。

「今日という1日」にギリギリ達成可能なレベルの目標を掲げ、突き進んでいきましょう!

 

まとめ

歯を食いしばって、無理して努力したところで大した結果は得られません。

まずは、何もかも忘れるくらいに「没頭」すること。

何事も得意だとか苦手だとかという先入観で物事を判断せず、目の前の作業にハマりましょう!