ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の身体の特徴について




どうも、爬虫類ブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

まるで見つめられているかのようなつぶらな瞳。そして舌なめずりなど表情や仕草がとても可愛らしいレオパことヒョウモントカゲモドキ。

丈夫で色彩のバリエーションも豊富なので数多い爬虫類の中でも入門主として高い人気を誇り、不動の地位を築き上げてきました。

今回は、そんなレオパの身体の特徴について紹介したいと思います。

 

ヒョウモントカゲモドキの身体の特徴を知ろう

細かな黒と黄褐色の斑点模様(ヒョウ柄)が特徴的で、その見た目から名付けられたヒョウモントカゲモドキ。壁を登ることができる足の器官(趾下薄板)が発達していなかったり、唯一稼働する瞼を持っていたりと、ヤモリの仲間でありながらヤモリの特徴的な機能を持たず独自の進化を遂げたトカゲモドキ。彼らの身体には、どういった特徴があるのでしょうか?

細かくパーツごとに紹介していきたいと思います!

基本的には縦に長い瞳を持ち、明るい日中は細長く、夜間は楕円形に広がります。

目の色彩には品種によって差異があり、黒目やルビーアイなどさまざまな表現も作出されていますが通常の個体と比べるとやや視力は弱い印象を受けます。

耳孔

本種のみならず、ヤモリ科の種類は耳の穴を備えており、奥には鼓膜もあり、耳孔の外側には小さなトゲ状のウロコが並んでいます。

腋下

腋の下には腋下ポケットといわれる窪みがあります。

個体の中にはこの腋下ポケットが非常に目立つ個体もいますが、尾に入りきらなかった脂肪分を蓄えているものなので健康状態の良好な証なので心配はいりません。

一般のヤモリの仲間とは異なり、細長い指をしているのが特徴です。指先には爪も生えており、爪を使って立体行動はできますが他のヤモリのように壁を登ったりすることはできません。

また脱皮の際に爪先に脱皮の皮が残ってしまう場合もあるので脱皮後は爪先の確認を行いましょう。もしも残ってしまっていたらぬるま湯などで爪先をふやかして優しく取り除いてあげましょう。

尾はとても太く脂肪を蓄える機能を持っており、野生化などでエサを捕食できないときはこの脂肪を使って絶食に耐えているといわれています。

また危険を感じたり、むやみに引っ張ったりするとトカゲの仲間らしく尾は切れてしまいます。切れてしまっても再生はしますが元の尾とは形状や色彩が異なることが多いです。切れてしまってもきちんと給餌を行えば健康上の問題はありません。

体表

ヒョウモントカゲモドキの体表は細かなウロコと鳥肌のような粒状の大きなウロコで覆われており、粒状のウロコは幼体の頃より成体になるにつれてより類著になります。

また成長にともない脱皮を繰り返して行いますが脱皮前には体表が白く濁るのでよくわかります。脱皮した古い皮は脱皮中に食べてしまうことが多く、ほとんど残っていないのが特徴です。

 

まとめ

これからヒョウモントカゲモドキを飼育しようと思っている人は、爬虫類専門店やペットショップなどでたくさんの個体を見る事をお勧めします。

豊富なバリエーション・カラーの個体がいて、実際に見る事により体色はもちろん背中の模様も1匹ずつ違うことに気付くことでしょう。またスローな動きと独特な表情・仕草など表現力豊かな可愛いらしさが十分伝わると思います。 そして可能であれば、実際に触れ合ってみてください。きっとヒョウモントカゲモドキの魅力にとりつかれること間違いないでしょう。

素敵な出逢いから始まる魅力的なレオパライフ。きっとあなたもヒョウモントカゲモドキに癒されること間違いありません。