【Levi’s】ジーンズの原点にして完成形!リーバイス“501”は大人メンズにおすすめ!

どうも、SHU(@kitajimashuichi)です。

パンツの王道アイテム「ジーンズ」。ジーンズは丈夫で長持ちし、1度手に入れれば末長く付き合うことができます。白シャツと合わせるだけで誰でも簡単にカッコよく決まり、履き慣らすほどに経年変化が現れ自分の色に染めることができ違った魅力を放ち始める優秀なファッションアイテムです。そんなジーンズの最大の特徴といえる経年変化を楽しむには、生地や縫製の質が重要となってきます。ジーンズ発祥の地であるアメリカでは、西部開拓時代から現代に至るまで受け継がれる実質剛健なモノづくりを行うブランドが割拠しています。

今回はそんな数あるジーンズブランドの中でも、ジーンズの原点にして完成形であるリーバイスの“501”を紹介したいと思います。

はじめに:リーバイス“501”について

リーバイ・ストラウス&カンパニー(Levi Strauss & Co.)通称リーバイス(Levi’s)は、1853年ゴールドラッシュに湧くアメリカ・サンフランシスコで創業者リーバイ・ストラウスによって雑貨商から始まりました。当時の金鉱で働く人々の声を聞き、キャンバス地を使った丈夫なワークパンツを商品化。その後、素材はデニムに変更され色もインディゴ・ブルーが採用されました。1873年さらにパンツの耐久性を高めるため試行錯誤を重ね、仕立屋ヤコブ・デイビスと共にポケットをリベットで補強するというアイデアを思いつき特許を取得、この時ジーンズが誕生しました。

1890年、品番統制によりロットナンバーとして“501”が初めて商品に付けられました。これが全てのジーンズの原点となります。その後、徐々にファッションアイテムとしての需要が高まり、ブランドの名声と品質の高さが世界中に広まりました。時代背景を反映しながら、少しずつ姿形やジーンズ自体の用途すらも変えてきた“501”。誕生して120年以上が経過した今でも、国境や男女の垣根を超え幅広く愛されるジーンズブランドとして支持を集めています。

リーバイス“501”の4つの特徴

  • リーバイス・ジーンズ最大の特徴「リベット」
  • 衣料品の商標として最も古い「アーキュエット・ステッチ」
  • 他のジーンズと差別化するための「レッドタブ」
  • 耐久性を保証する「ツーホースパッチ」

リーバイス・ジーンズ最大の特徴「リベット」

リーバイスのジーンズを語る上で最も欠かせないものが「リベット」です。ジーンズのポケット部分の隅に取り付けられている金属製のもので、ポケットのステッチ部分を補強する役割を担っています。またデザイン的な付加価値を上げる効果もあります。リーバイスのジーンズが「オリジナル・リベテッド・クロージング」と呼ばれているのはこのためです。

衣料品の商標として最も古い「アーキュエット・ステッチ」

リーバイスのジーンズには、ワークパンツとして作業効率を高めるために元々ポケットが備わっていました。時代を遡るとバックポケットが片方にしかついていないものも存在しますが、ジーンズとして商標登録された頃にはすでに5ポケットとして完成されていました。5角形のバックポケットに縫い込まれた2重の弓形ステッチは「アーキュエット・ステッチ」と呼ばれ、リーバイスが1873年に裏地のブランケットの補強のために考案したものです。これを多くの他社ブランドが真似たため、1943年にはブランドの象徴として商標登録されました。第二次世界大戦中は政府の物資統制によって糸の無駄遣いとみなされ、ペンキで描かれたこともあります。バックポケットのデザインは年代によって多少異なります。

他のジーンズと差別化するための「レッドタブ」

バックポケットに挟まれたタブは、リーバイスジーンズのシンボルでもあります。一般的には赤色のものが使用されており、その見た目から「レッドタブ」と呼ばれています。1936年に大量に出回っていたリーバイスのジーンズの模倣品と区別するために右のバックポケットにレッドタブが縫い付けられました。中には色違いのものも存在し、1985年にはシルバータブのものが発売されバギーやルーズといったゆるさがあるシルエットが当時の若者を中心に爆発的な人気を得ました。またLevi’sのeが大文字表記の“Big E(LEVI’S)”と呼ばれるモデルも存在し、リーバイスの長い歴史の中で1966年から1971年のほんの短い期間にだけリベットの代わりに採用されたバータックと“Big E”レッドタブを併せ持つモデルが存在していました。1971年以降は“Small E(LeVI’S)”を使用しています。®︎のみを表記したタブもあります。

耐久性を保証する「ツーホースパッチ」

リーバイスの象徴であるツーホース・マークは、1886年に2頭の馬が引っ張っても破れないというジーンズの頑丈さを示す品質保証書としてレザーパッチが縫い付けられました。1873年5月20日、ジーンズが誕生したその日は今でもレザーパッチに刻まれています。

まとめ

リーバイス“501”は、ジーンズを語る上で絶対に欠かすことができないアイテムのひとつです。“501”がジーンズの原点にして完成形であり、インディゴ・ブルーのデニム生地、完成されたストレートシルエット、伝統的なボタンフライはもちろんのこと、リーバイスならではのリベット、アーキュエット・ステッチ、レッドタブ、ツーホースパッチなど、今や当たり前となったジーンズのディテールを初めて生み出したパイオニアです。それは今でもしっかりと引き継がれており、いつの時代においてもジーンズの定番であり続けています。多くの他社ブランドがリーバイスの“501”を参考にしてジーンズを作っている点はおさえておきましょう。

オールシーズン服10着で着まわすメンズのワードローブ術

2019年11月30日

ABOUTこの記事をかいた人

1993年佐賀県生まれ。複業家。「本業×副業×個人事業」といった三足の草鞋の働き方で、人生100年時代に向けてライフスタイル・ワークスタイルを模索中。”全力で「遊ぶ」「働く」「学ぶ」”といったテーマで『SHULOG』にて情報発信中!☞プロフィール詳細はこちら