「○○で××なおすすめ○選」的な記事に物申す!




どうも、SHU(@kitajimashuichi)です。

 

「○○のおすすめアプリ100選」
「絶対に立ち寄りたい!○○でおすすめラーメン10選」
「おすすめ観光スポット10選」

唐突ですが、ネット上でこういったサイトよく見かけませんか?

私はおすすめされるものの数が多ければ多いほどそのサイトを信用していません。

 

今回はそういった記事に対して物申したいと思います。

ちなみに私は誰が書いたのかも分からない記事についても信用しておりません。リンクを張っておきますので時間があれば参考にしてください。

まだ、誰が書いたのか分からない記事を参考にしてるの?

2017.10.02

 

なぜ信用しないのか?

様々なものや店について調べるにあたってこのような記事やサイトがネット上には溢れかえっています。

そういった記事やサイトを見ている中で、ある日ふと疑問に感じたんですよ。

「この記事を書いている人は本当にこれ使ったことがあるのか?」
「この記事を書いている人は本当にそこに行ったことがあるのか?」

別に使ったことのないものや、行ったことのない店を紹介してはいけないという決まりはありません。しかし、はたかも自分が使ったことがあるような書き方だったり、行ったことがあるような書き方をしています。

私個人の意見としてそんなクオリティの低い情報を発信すべきではないと思います。

むしろそれでお金を稼いでいるということに対して腹が立ちます。情報を発信する側は、責任を持ってしっかりとした情報を発信すべきだろと思います。

本当に紹介しているものを使ったことがあったり、行ったことがある場所を紹介している分にはいいんです。しかし、使ったことのないものを使ったことのあるかのように紹介したり、行ったことのない場所を行ったことがあるかのように紹介している記事やサイトを見ていて嫌悪感すら感じます。

記事を読む側もそういうのを感じ取り疑問に感じたり、迷うと思うんですよね。なので記事を読む側としてもそういった情報を信じるべきなのか考えるようになりました。

それならブログだったら実物の写真を載せて紹介していたり、サイトならしっかりとデータをとって作っているランキングとかのほうがよっぽど信用できるなと思います。

 

まとめ

私自身ブログは趣味であると同時に、ビジネスであると考えています。

他の人の記事やサイトをコピーして、はたかも自分が使ったことがあるような・行ったことがあるような風に書いてある記事やサイトほど生産性のない無価値なものはないと思います。

ブログは価値があるものを提供して収益が発生するのであって、そういったブログ記事やサイトには本当に価値があって信じるべきなのかなっていう話です。

なので私は本当に使ったことがあるもののみを紹介したいと思いますし、行ったことがある場所のみを紹介したいと思います。場合によっては「○○で××なおすすめ1選!」という形で紹介することになると思います。