20代に1番必要な投資は「自己投資」だ!




どうも、SHU(@kitajimashuichi)です。

 

皆さんは投資してますか?

 

私は約2年程前の22歳の時に、何か投資をしようと思い「投資と言えば株だろっ!」と思い、全く知識がない状態で株式投資を始めました。

その結果、元金40万円で始めた株式投資も5万円ほどの損失を出し、その間いろいろあり15万ほどは他の支払いの足しにするために引き下ろしました。

現在は、その残りの20万円分くらいの株を運用している状態です。

 

まぁ簡単に言うと「まったく投資になってねーじゃん!」という状態です(笑)

無知って恐ろしいですね。これが若気の至りというものです。

 

しかし、株式投資を行ってただ5万円を失ったわけではありません。

株式投資を実際に行って、株の仕組み、投資の仕方、高金利のネット銀行など様々なことについて知ることができました。また、それまで興味がなかった様々な政治・経済に関するニュースに目を向けるようになりました。

このように株式投資で得た知識も多く、すべてが無駄だったというわけではありません。

私は、5万円を失って後悔していません。いい勉強になったと思っています。今後はこの失敗をどう次に生かすかが私の課題だと思っています。

 

株式投資を行って気づいたこと

失った5万円分、株に関する知識を深めておけばよかった

私の場合、全く知識がない状態で株式投資を始めました。

結果として5万円ほどの損失を出し、先ほど得たものもあると言いましたが、他人からすればはっきり言って無駄にしたとしか言いようがありません。

5万円もあれば他に様々なことができます。

株に関して言えば、事前に株に関する参考書を買って知識を深めたりもできます。事前に株についてある程度の情報を得ていたら、もう少しはましな結果になっていたかもしれません。

 

これから何か投資を始めてみようかと考えている人に言っておきます!

まずは、ただ単にお金を増やすために投資をするのではなく、それに関する知識を深めるための自己投資にお金を使うことを、私はおすすめします!

 

知識を深めるということは、自己投資において最も大切なこと

ただ単に知識を深めてもなかなか効果に表れません。

ポイントは「5年後、10年後の働き方や生活を具体的に考え、それに沿った自己投資をする」ことです。

 

私には数年後を見据えた明確な目標がありませんでした。今手元にあるこのお金を少しでも増やしたいと目先のことしか考えていませんでした。

明確な目標を達成するための投資であれば、それに費やしたお金は無駄になりにくいです。また、私のようにその逆も然りです。

 

自己投資において、何を目標とするかが重要

一言に自己投資と言っても、具体的には様々なことがあります。

例えば、本を読んで知識を深める、趣味に投資する、資格を取得する、などなど

現在はネットさえ繋がっていれば様々な副業が行える時代なので、ネット環境を整えるのも自己投資です。

 

自己投資の方法は人それぞれで無限大にあります。価値観なんて人それぞれなんですから。

しかし、本当の意味で自己投資できている人はごく少数です。大半の人は自己投資として行っていることが、他のことに活かせておらず無駄になっているケースが多いです。

自己投資として行っていることを無駄にしないためにも、自分の中で何を目標とするかが重要になってきます。

 

これからの時代、自分の好きなことに投資するのが1番!

自分の好きなことに対してだと、明確な目標も立てやすいのではないでしょうか?

今の時代、様々なことが仕事になり他人に評価してさえもらえれば、お金を頂ける時代です。

逆にこれまでのあらゆる価値観が壊れていく時代でもあります。

インターネットの発達により大量の情報が流れています。それと同時に皆さんが思っている以上の変化が様々な場所で起きています。

最近までは、学歴や大企業というものが絶対的な価値を持っていました。しかし、学歴はあっても無職の人はいますし、大企業でも倒産しています。

「これさえあれば、一生安心」というものがなくなりつつあります。

そのため自分の好きなことに投資するのが1番だと思います。関心のある分野のほうが圧倒的に投資の効果は高いです。

自分の好きなことに投資し、最大限に投資の効果を発揮し、自分としての価値を高める。

それが、これからの時代に必要な学歴や大企業に頼らない価値観なのではないでしょうか?

 

20代のうちはお金を使うことをためらわずに自分磨きを!

20代のうちはお金を使うことをためらわず、勿体がらずに自分磨きをすることが大切だと思います。

お金を多く持っている人ほど、多くの自己投資をしています。

逆に言うと、多くの自己投資を行ってきた人ほど、大金を稼いでいます。

人生はお金の使い方で決まると言っても過言ではありません。人生は1回きり、いくら稼いだかより、いくら使ったのかを大切にすべきです。

 

なぜ20代に自己投資をおすすめするのかというと、20代というのは30代以降の年代に比べて守るべきもの(家族・財産・プライドなど)が圧倒的に少ないからです。

守るべきものは年齢と比例して多くなっていきます。そして守るべきものが増えていく速度は人それぞれです。めちゃくちゃ早い人もいれば、めちゃくちゃ遅い人もいます。

そのためなるべく若いうちから多くの自己投資を行い、同時に多くの失敗もしておくことが大切です。

その後、同じ失敗を繰り返すか、成功するかはあなた次第です。失敗から学ぶことも多くあります。失敗を恐れずに、次に活かすための技術も同時に学びましょう。

 

北島秀一おすすめの自己投資

私が、最もおすすめする自己投資は本を読むことです。といっても私が本を読み始めたのはついこの間からですが…(笑)

株式投資の失敗談からも分かるように、私は24歳現在まで知識を得るために、1冊の本すらまともに読んだことがありませんでした。

それがどういうわけか、今まであまりにも本を読んでこなかった反動なのか、ここ数週間で忙しい時間の合間を削ってでも本を読んでいます。

それは読むという動作をこなしているのではなく、読みたいという衝動に駆られて行動しています。

ものすごいペースで本屋に行き、本を買って、読んでいます。自分でもびっくりしています。

 

それと自己投資として本を読む場合の私なりのポイントですが、本を読んで「あー面白かった!」で終わらせるのでなく、「読んで学んだことを実践する」「読んだ本の知識を他の誰かに伝える」ということを意識することです。

実践したり、誰かに伝えることで、本から得た情報がただの情報として終わるのではなく、自分のものとなり自己投資としても高い効果が得られます。

 

北島秀一がおすすめしない自己投資

私の経験上あまりおすすめしない自己投資は、資格取得です。

私自身、「短期大学士・保育士・幼稚園教諭二種免許・介護福祉士・社会福祉主事任用資格・初級バイオ技術者認定」など様々な資格を取得してきましたが、本業である介護福祉士の資格以外は全く役に立っておりません。

資格取得も結構高額な費用が掛かりますし、使用頻度の少ない資格に投資するのは得られるリターンも少なく、自己投資としての効果もあまりないように思います。

なのであまりおすすめはしません。後々役に立つかも…(笑)

 

まとめ

私のモットーは「とりあえずやってみる!たとえ失敗したとしてもそれが自分の経験となる。やらないよりまし!」です。

その経験から、本当に自分に必要なものは何なのか見極めるきっかけにもなります。