【道楽】九州・沖縄のおすすめドライブ・ツーリングスポット(宮崎県西臼杵郡高千穂町・高千穂峡)




どうも、SHU(@kitajimashuichi)です。

 

今回は九州・沖縄のドライブやツーリングにおすすめのスポット、宮崎県西臼杵郡高千穂町の「高千穂峡」を紹介したいと思います!

 

高千穂峡

宮崎県西臼杵郡高千穂町向山に位置する「高千穂峡」

1934年(昭和9)11月10日に「五箇瀬川峡谷(高千穂峡谷)」として国の名勝・天然記念物に指定、昭和40年には祖母傾国定公園の一部に指定されており、太古の昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった峡谷です。高いところで100m、 平均80mの断崖が東西に約7㎞に渡って続いています。

付近には日本の滝百選にも選ばれた「真名井の滝」、その他に「玉垂の滝」「あららぎの滝」「槍飛橋」などがあり、新緑と紅葉(11月下旬ごろ見頃)の季節は特に美しい景色です。

写真家にも愛されるスポットです!

 

「真名井の滝」は、約17mの高さから水面に落ち、高千穂峡を象徴する風景です。

天孫降臨の際、この地に水がなかったので、 天村雲命(アメノムラクモノミコト)が水種を移した「天真名井」から湧き出る水が水源の滝と伝えられています。

夏季期間中(7月中旬~9月上旬)は、日没から22時まで真名井の滝と遊歩道がライトアップされ、幽玄かつ神秘的な雰囲気を楽しめます。

数々の神社やパワースポットが点在しており、神話に由縁のある「おのころ島」や「月形」「鬼八の力石」など、 高千穂峡の遊歩道のみで高千穂の魅力を十分に感じることができるスポットといえます。

 

貸しボート

高千穂峡といえば貸しボート。

ボートから見上げる「真名井の滝」は迫力満点で、遊歩道とは違った景色を堪能することができます。

  • 営業期間:8:30~17:00(最終受付16:30)
  • 料金:1艘(定員3人)30分・2,000円

※人気がありすぎて、数時間以上の長い待ち時間が生じることもあります。

 

アクセス方法

  • 九州自動車道の熊本インターチェンジから県道57号、国道325号を経由して約1時間35分
  • 熊本空港より車(レンタカー)で県道57号、国道325号を経由して約1時間35分
  • 高千穂駅から車で7分
カーナビ設定時は、高千穂峡淡水魚水族館(TEL:0982-72-2269)を設定して下さい。

渓谷周辺の県道は九十九折の10R程度のヘアピンカーブが連続します。運転にはお気をつけください。

 

駐車場

  • 御塩井駐車場(有料:500円)
  • あららぎ駐車場(有料:300円)
  • 大橋駐車場(無料)
  • 駐輪場:おのころ池周辺の広場
満車等により駐車できない場合は係員の案内にしたがって下さい。