お金とは何なのか? – お金よりも大切なもの –




どうも、SHU(@kitajimashuichi)です。

今回は、学校では教えてくれないお金の話です。

 

「お金とは何なのか?」

その疑問に対して、簡単に説明したいと思います。

 

お金とは「信用」を数値化したもの

あなたの財布の中に入っている紙幣は、日本銀行が国の中央銀行として発行する「日本銀行券」です。もちろん印刷物としての原価から考えると、その紙切れにはとてもその金額分の価値はありません。

それではなぜ、その紙切れが原価以上の価値を持っているのでしょうか?

それはひとえに、国や日本銀行への「信用」の証として成り立っているからです。

「国が定めた法定通貨だから間違いない」

「日本銀行が発行しているのだから間違いない」

「まさか日本国や日本銀行が潰れることはないだろう」

このような「信用」のもと成り立っています。

「お金=通貨」とは、価値なきものに信用(クレジット)を付与した「しるし」にしか過ぎません。

日本国や日本銀行への信用が失われたら、その価値は紙切れ同然になるということです。

 

お金よりも大切なものとは?

お金よりも大切なもの、それは「信用」です。

「信用」とお金を少し切り離して考えてみましょう。

 

こんな言葉があります。

「10の信用があれば、100のお金を集めることができる。しかし、100のお金を使って10の信用を買うことはできない。」

 

信用をベースとしてお金を借りたり、時間を買うことはできます。

クレジットカードが、その代表的なものだと思います。

クレジット(credit)とは、信用・信頼を意味する言葉です。この言葉通り、クレジットカードは信用・信頼によって成り立っています。

カード会社は信用のもと、商品代金の立て替え払いを行ってくれます。つまり、今手元にお金がなくてもカードを使うことによって、カード会社からお金を借りモノやサービスを買うことができるということです。また、それは購入資金を得る時間やお金をおろしに行くという時間をショートカットしているということにもなります。

 

一方、お金を使って信用を買うことはなかなかできません。

多くの財産を持ち、たくさんの人に囲まれながらも常に孤独を感じているセレブは意外と多い。

どんなにたくさんのお金があっても、それで信用を買い、幸せを買うことはできません。

 

お金よりも「信用」が価値を持つ時代は、すでにはじまっています。

そのため、お金に投資するよりもまずは自らの「信用」に投資することが求められています。

本当に困ったとき、人生の崖っぷちに追い込まれたとき、失敗したとき、あなたを救ってくれるのはお金ではなく、信用です。

 

「信用」に投資する方法

これがお金であれば話は早いですが、一言に「信用」に投資すると言っても難しい。

先ほども言ったように、信用はお金で買うことができないからです。

また相手がどのように評価し、信用してくれるかどうかは、こちらでコントロールできる問題ではありません。

 

しかし、ひとりだけ確実にあなたのことを信用してくれる相手がいます。

 

それは「自分」です。

 

そして自分に寄せる強固な信用のことを、「自信」といいます。

信用を築くためには、まず自分で自分を信じるところからはじまります。

そして小さな積み重ねの中で、さらに信用は大きくなっていきます。

 

まずは自分を信じ、お金よりも信用を築くことからはじめてみましょう。