【フトアゴヒゲトカゲ】飼育に必要なオススメのケージを紹介!




どうも、フトアゴブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

いざフトアゴヒゲトカゲを飼育する場合には、どんなアイテムを揃える必要があるのか?

今回はケージに焦点を当てて、市販されているおすすめのケージなどを紹介していきたいと思います!

 

はじめに

フトアゴヒゲトカゲを飼育するのに必要なスペース

一般的に地表棲のトカゲを飼育するのに必要なスペースは、間口が全長の2倍で奥行きと高さが全長と同じくらいとされています。フトアゴヒゲトカゲは最終的に成体では全長が40〜50cmになるので、飼育するのに理想的なサイズのケージは90cm×45cm×45cm程度です。実際は1匹だけならば60cm×45cm×45cmで終生飼育することも可能ですが、本来それではやや手狭であるということを頭に入れておきましょう。

爬虫類専用の飼育ケージがおすすめ

トカゲは本能的に上から手を入れられることを嫌う生きものなので(天敵である鳥や獣は皆、上から襲ってくる)、前面が開閉するタイプの爬虫類専用ケージを用意して、メンテナンス時にはフトアゴヒゲトカゲと平行の目線で作業を行えるようにしましょう。

水槽や衣装ケースを飼育ケージとして代用すると、バスキングライトや紫外線ライトがうまく設置できなかったり、ライトの熱でケースが溶けてしまったり、フタがキッチリと閉まっておらず不意に脱走されたり、トラブルの原因になることもあるので爬虫類専用の飼育ケージを使うことをおすすめします。ケージはフトアゴヒゲトカゲの家となるものなので、ケチって安く抑えようとするとのちのち後悔することとなります。

ケージ選びに迷ったときには

数多くの爬虫類専用の飼育ケージが販売されていますがセレクトに迷ったときは、まずは通気性の良さを重視して選ぶようにし、次に頑強さを重視しましょう。もちろん気に入った外観のものを選ぶことも大事ですが、迷ったときには信用できるショップのスタッフに相談してみるのも良いでしょう。

設置場所に関して

ケージを設置する場所に関してですが、60cmサイズを超えてくるとそれなりに重量も出てくるので、しっかりと安定したところに設置して転倒などすることのないように気を付けましょう。

 

フトアゴヒゲトカゲの飼育におすすめのケージ

爬虫類専用の飼育ケージは数多くあれど、フトアゴヒゲトカゲの飼育に適したサイズのケージとなるとだいぶ絞られてきます。

一般的に日本で市販されていてフトアゴヒゲトカゲの飼育に適したケージとなると、取り扱っている主要なメーカーは以下の3社に絞られてくるかと思います。

  • 【GEX】エキゾテラ グラステラリウム
  • 【みどり商会】ケースバイケース
  • 【SANKO】パンテオン

他にも海外製のケージや、爬虫類ショップ等のオリジナルケージが販売されていたり、なかにはDIYで自作ケージを作っているブリーダーさんとかもいますが、今回はこの3社の爬虫類専用の飼育ケージを紹介したいと思います。

【GEX】エキゾテラ グラステラリウム

ヨーロッパ仕様の機能的でデザイン性に優れた爬虫類・両生類飼育用ケージです。

前面観音開きでメンテナンスや餌やりがしやすいと多くのブリーダーな間でも好評の爬虫類専用の飼育ケージです。デザイン性も高くインテリアとしてもおしゃれで、3つの中では一番かっこいいです。フルガラス仕様でフレームも薄いため見栄えがいい半面、重量が結構ありひとりではまず持ち運ぶのは難しいでしょう。また通気性がよくないという声が聞かれますが、フトアゴヒゲトカゲの飼育に適した湿度は60~70%くらいと意外と多湿な環境を必要としますので問題はないでしょう。

 

エキゾテラグラステラリウム専用のキャビネットも販売されており、グラステラリウムの設置場所を確保するとともに日々の世話に必要な道具の収納スペース・メンテナンスやエサやり時にも便利なワークスペースとして使用することができます。インテリアとしてもより洗練されたものとなるでしょう。

 

【みどり商会】ケースバイケース

大きな生体も飼育できるゆったりサイズの爬虫類・両生類・小動物用のケージです。

両横を付属の網板やガラスに入れ替え可能で通気性も調整でき、温度管理・湿度管理に優れています。別売りの背面用網板を購入すれば前面以外すべて網板にすることもできます。ライト類の設置のことも考慮されているので機能性と価格のバランスが取れていると人気の商品です。全面のスライド式扉で世話がしやすく脱走防止用のカギも付属しているため安心です。またケージ底部に別売りのパネルヒーター(ナイーブ)の設置スペースが確保されていることが最大の魅力です。

組み立て式で組み立てる際にガラスがはめにくいという声が聞かれ、そういったことが苦手な方にはやや不向きかもしれません。掃除や世話がしやすいと評判がある一方で、スライド式扉にがたつきがありガタガタとうるさいという声も聞かれます。

 

【SANKO】パンテオン

業界初の内部の支柱で支えられた安定感のある爬虫類飼育用の組立て式ガラスケージです。

側面のメッシュ位置は上下左右で入れ替え可能となっており、飼育する生きものの種類によってセッティングを変更することができます。前面スライド式扉となっており、上からの世話を怖がる生きものの世話も安心です。足付きなので底面にパネルヒーターを設置することができ、メッシュトップパネルに暖突などの上部用ヒーターも設置可能です。メッシュトップパネル後部にはコード穴が合計12ヶ所もあり、ランプステーも2個付属しているなど爬虫類に嬉しい機能が充実しています。ノックダウン式で組み立ても簡単でメンテナンスもしやすいと好評です。

 

まとめ

個人的には、断然GEXのエキゾテラ グラステラリウム推しです。

以前『【フトアゴヒゲトカゲ】飼育に必要な機材と、我が家の飼育環境・理想の飼育環境の紹介!』という記事で、GEXのエキゾテラの商品を中心にフトアゴヒゲトカゲの飼育に必要な機材を紹介させていただきましたが、同一メーカーで飼育に必要な機材をすべて揃えることができ、統一できるという部分も最大の魅力です。

【フトアゴヒゲトカゲ】飼育に必要なアイテムと、我が家の飼育環境・理想の飼育環境の紹介!

2018.07.15

最初にも述べたようにケージのサイズは幅90cmのものがフトアゴヒゲトカゲの飼育に理想的ですが、最低でも幅60cm以上は確保したいところです。GEXから「フトアゴヒゲトカゲ&リクガメ飼育キット」が販売されていますが、こちらはフトアゴヒゲトカゲ飼育初心者や、90cmケージだと設置スペースに余裕がなかったり、少しでも予算を抑えたいという方にもおすすめです。

 

まだSHULOGでは紹介していませんが、実はすでに「グラステラリウム9045」購入しており“ごえもん”も引っ越し済みです。

「グラステラリウム9045」の詳細なレビューや、その他の機材についても追々紹介はしようと思いますので、気になる方はSHULOGを毎日チェックして楽しみにしておいてください(笑)

ではでわ、みなさんもよいフトアゴライフを!