ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の飼育に必要なオススメのシェルターを紹介!




どうも、爬虫類ブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

いざヒョウモントカゲモドキを飼育する場合には、どんなアイテムを揃える必要があるのか?

今回はシェルターに焦点を当てて、おすすめのアイテムなどを紹介していきたいと思います!

 

はじめに

シェルターで隠れ家を設けましょう

臆病なヒョウモントカゲモドキはシェルターが大好きです。落ち着けるように隠れ家となるシェルターを設置しましょう。またヒョウモントカゲモドキは夜行性なので、日中はほとんどシェルターの中で寝て過ごします。サイズが大きすぎるとかえって落ち着かないので、ヒョウモントカゲモドキがギュッと丸くなったときと同じくらいのサイズか、その倍までの大きさのシェルターを選ぶようにしましょう。

高湿度スポットをつくろう

湿度の高い森林に生息する爬虫類はもちろんですが、砂漠のような乾燥地帯に生息する爬虫類でも、地表棲のヤモリが巣穴にするような岩や倒木の下はいつでも適度な湿り気を帯びています。ヒョウモントカゲモドキも本来アフガニスタンなどの乾燥地帯の爬虫類ですが、普段は岩肌の隙間とか多少湿度がこもった場所に潜んでいます。シェルターはそんな爬虫類の巣穴を再現する飼育アイテムなので、できればその内部は高湿度が保たれている方が良いです。

レイアウトについて

流木や岩などをケージ内にひとつ入れるだけで、一気にそれらしい雰囲気になるもので不思議なものです。しかも、こういった飾りつけはヒョウモントカゲモドキが脱皮の足掛かりとして体をこすりつけたり、隠れ場所になったりとシェルター代わりにも使えて一挙両得です。どんな形のものを選べば良いのか迷ったら、ショップのスタッフに相談するのも良いでしょう。

 

ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめのシェルター

爬虫類用のシェルターには、大きく分けて一般的なシェルター(ドライシェルター)ウェットシェルターの2種類があります。

ウェットシェルターは薄暗くて少ししっとりした環境をケージ内で簡単に再現することができます。素焼きでできており上部の窪みに水を入れておくとシェルターがその水を吸い込んで内部の湿度を維持することができます。またケージ内の過度な乾燥を防ぐことができ、飲み水としても利用することができます。その他にも冬場はパネルヒーターの上に置くことで温かい環境をつくることができます。メリットが多く優れた商品ですが、見栄えが人工的でいまいちといったデメリットもあります。

ドライシェルターはウェットシェルターの対としてそう呼ばれることもありますが、基本的にウェットシェルター以外の一般的なシェルター全般のことを指します。岩肌を再現した商品が多く見栄えは良いですが高湿度を保つことはできません。そのためドライシェルターなど見栄えにこだわった飼育をする場合には、シェルター下の床材に園芸用のオアシスを埋め込んで部分的に湿らせておくなどの工夫が必要です。

シェルターもさまざまなアイテムが市販されているのでお気に入りを見つけましょう。

【ドライシェルター】

  • SUDO HERP CRAFT(ロックシェルターSP)
  • SUDO HERP CRAFT(ロックシェルターHG)
  • GEX EXOTERRA(レプタイルケイブ)

 

【ウェットシェルター】

  • SUDO HERP CRAFT(ウェットシェルター)

それでは詳しく紹介していきたいと思います!

SUDO HERP CRAFT(ロックシェルターSP)

レジン製の爬虫類用シェルターです。

風合い豊かな岩石をリアルに模したアンバーカラーのシェルターです。ずっしりと安定感があり、生体が落ち着ける環境がつくれます。

SS・S・M・ML・L・L2・XL・XXLのサイズラインナップがあります。生体の大きさに適したものを選びましょう。

SUDO HERP CRAFT(ロックシェルターHG)

レジン製の爬虫類用シェルターです。

風合い豊かな岩石をリアルに模したシェルターです。ずっしりと安定感があり、生体が落ち着ける環境がつくれます。

S・M・M2・ML・L・LH・XLのサイズラインナップがあります。生体の大きさに適したものを選びましょう。

GEX EXOTERRA(レプタイルケイブ)

テラリウムにぴったりの爬虫類・両生類用シェルターです。

紫外線の過剰照射から生体を守ります。生体の隠れ家としても使用できます。

S・Mのサイズラインナップがあります。生体の大きさに適したものを選びましょう。

SUDO HERP CRAFT(ウェットシェルター)

陶器製の爬虫類用シェルターです。

素焼き・手作りで、ウェットシェルター上部のくぼみに水を溜めるだけで、中は理想的な高湿度スポット(内部湿度90%前後)になります。

S・M・Lのサイズラインナップがあります。生体の大きさに適したものを選びましょう。

 

番外編:ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめのアクセサリー

生体にとって安心なシェルターとして、また本物そっくりなリアル感あるアクセサリーとしても使用できる爬虫類・両生類用のシェルター兼アクセサリーというものがジェックスのエキゾテラから販売されています。

普通のシェルターと同じようにヒョウモントカゲモドキがストレス回避に隠れたり、休んだりするスペースとして使用できて、テラリウムのアクセントにもなります。

個体サイズによっては、シェルターとして使用できない場合があります。

GEX EXOTERRA(レプタイルシェルター)

リアルな骸骨をモチーフにしたシェルターシリーズです。

隠れ家や出入り口になるところが何箇所かあるのでさまざまな情景を楽しむことができます。

GEX EXOTERRA(レプタイルシェルターS)

リアルな質感のレプタイルシェルターのSサイズです。

小型ケージでも使用できるので小型種や幼体のシェルターやレイアウトに最適なアイテムです。

 

まとめ

私が現在ヒョウモントカゲモドキの飼育で使用しているシェルターは、スドーのハープクラフト ウェットシェルターのLサイズです。

ほとんどシェルター内で過ごしているので、シェルターの機能的な役割はヒョウモントカゲモドキにとってとても重要だということが分かります。ウェットシェルターを使用することによってケージ内の湿度も自然と安定しますし、水入れとしても使用することができます。見た目はあまり好みではありませんが、機能的にやっぱりウェットシェルターは最高ですね。ネットでの評判も良く愛用しているブリーダーさんも多いです。

さまざまなシェルターを紹介しましたが、ヒョウモントカゲモドキのシェルターはコレ一択といっても過言ではないでしょう。おすすめです!

ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)のシェルターはコレ一択!SUDO HERP CRAFT ウェットシェルターの紹介!

2018.12.07

では、みなさんもよい爬虫類ライフを!