ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の飼育に必要なオススメの保温器具を紹介!




どうも、爬虫類ブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

いざヒョウモントカゲモドキを飼育する場合には、どんなアイテムを揃える必要があるのか?

今回は保温器具に焦点を当てて、おすすめのアイテムなどを紹介していきたいと思います!

 

はじめに

保温器具とは

基本的には、秋から春の間に冷え込む夜間や冬季の日中などにケージ内の最低温度を保つためのアイテムです。

パネルヒーターを使用しよう

冬場のマストアイテムともいえるパネルヒーターは、遠赤外線を利用して床材やケージの底面を温めてくれるアイテムです。ヒョウモントカゲモドキは比較的低温環境に耐性を持っているので室内飼育が当たり前の飼育下ではケージの下に敷くパネルヒーターのみで基本的には大丈夫です。

保温球も併用しよう

爬虫類の保温に関していえば、保温球で上から空気全体を温める方法が一般的です。パネルヒーターで床材やケージ底面を暖めることも爬虫類にとって大切ですが、パネルヒーターは空気全体を暖めるほどの能力は持っていません。そのため空気全体を暖めるためにエアコンや保温球を使用した方が良いとされています。ヒョウモントカゲモドキがいくら低温環境に耐性を持っているとはいえ、特に寒い冬場などはパネルヒーターのみだと数か月間の拒食や消化不良に陥るなんていう話もよく聞きます。保温球は赤外線を出しているものが多く、赤外線を出している保温球のことを赤外線ライトとも言います。赤外線ライトは爬虫類が光と認識しないとされている赤い光や青い光を発する電球です。

暖突(上部ヒーター)について

板状の保温器具でケージ上部の裏側に取り付けて保温する暖突。広範囲に遠赤外線を放出して効率よくケージ内を温め、同じ保温効果の保温球と比較して約1/3の消費電力で温めることができます。暖突の表面は高温になっていますが特殊な不織布に覆われていて、触れてもヤケドはしません。防水性にも優れていて、霧吹き程度なら問題なく使えます。寿命に関しても、球切れのある保温球と違って故障しなければ半永久的に使えます。保温球より値段は高いですが、電気代や電球の交換を考えたら暖突のほうが安く済みます。

総合的にみても保温球より遥かに優れた商品であることから、ヒョウモントカゲモドキの保温器具としても使用されていることが多いのですが個人的にはあまりおすすめしません。

暖突を保温に使用した場合、地表棲の爬虫類を高さがあるケージで飼育しても下までは温度が届きません。逆に高さがないケージに暖突を付けて生体が熱死してしまった例もまれに聞きます。通常熱は下から上に行くものです。暖突はケージ上部を塞いでしまいますし、立体的な行動をする生体に向いている保温器具で地表棲の生体には向いていません。

サーモスタットも併用しよう

温度が上がりすぎないように調整するためのサーモスタットも併用すると良いでしょう。温度調節機能を備えていない保温器具の場合、限界まで温度を上げようとしますのでケージ内が暑くなりすぎてしまい、最悪の場合生体が死んでしまう可能性があります。

温度勾配も大切

ケージ全体を暖めるのではなく、暖めない場所も作ってあげることが大事です。パネルヒーターの場合、ケージ底面の1/3~1/2ほどに敷くことによって簡単に温度勾配を作ることができます。温度勾配を作ることによって、ヒョウモントカゲモドキが好きな温度の場所を選んで活動することができます。

赤外線について

ヒョウモントカゲモドキの飼育に適している保温器具(パネルヒーター・保温球)に共通している赤外線。

太陽光に含まれる光の波長は、大きく分けて3つあります。眼に見える明るい光である可視光線と、物を暖める効果がある赤外線、生物の体内に化学変化を起こす紫外線です。可視光線・赤外線・紫外線ともにすべて光なので線がつきますが、ここでは赤外線はあえて別物と言わせていただきます。赤外線には物を暖める効果があり、効率良く生体の体温を上げてくれます。保温球も一応ライトですが、ここでは保温するための器具だと考えてください。

紫外線を照射する紫外線ライト、可視光線を照射する可視光線ライトについては、以下の記事で紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の飼育に必要なオススメの紫外線ライト・可視光線ライトを紹介!

2018.11.19

 

ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめのパネルヒーター

ケージの下に敷いて温めるタイプの保温器具です。薄いシートのようになっており軽くて扱いやすく、温度がそこまで高くならないのでプラスチックやアクリルのケージでも溶ける心配はありません。パネルの部分だけが温まるという特性をもっているので、部分的な保温をするのに適しています。ケージのサイズに合ったもの(ケージサイズの1/3~1/2くらいのもの)を用意し敷くことで、簡単に温度勾配をつくることができます。パネルヒーターは基本的に保温球の設置側に設置し、温度管理をしてください。

パネルヒーターは触れている部分が温まりますが、空気を直接温める効果はあまり期待出来ません。そのため冬場はパネルヒーターのみだと厳しいかもしれません。あくまで補助的に使用する保温器具だと考えておいて下さい。

ヒョウモントカゲモドキの飼育に適した代表的なパネルヒーターには、以下のアイテムがあります。

  • Vivaria(マルチパネルヒーター)
  • GEX EXOTERRA(レプタイルヒート)
  • SANKO REPTI WILD(パネルウォーマー)
  • SANKO REPTI WILD(フラットウォーマー)
  • みどり商会(ピタリ適温プラス)
  • みどり商会(ナラベルト)

それでは詳しく紹介していきたいと思います!

Vivaria(マルチパネルヒーター)

日本製でビバリアが特許取得している設定温度可変式のパネルヒーターです。

飼育条件に合わせて約25℃〜45℃の範囲で表面温度を自由に設定することができます。自己温度制御式PTCパネルで経済的で、爬虫類にやさしい遠赤外線を放射します。一目で確認できる通電ランプ・パネルの固定に便利なマジックテープ付きです。

8W・14W・16W・32W・45Wのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

GEX EXOTERRA(レプタイルヒート)

耐久性に優れ熱効率を高めた全体が均等に効率よく暖まる新構造の爬虫類用パネルヒーターです。

太陽があたためた大地のぬくもりを再現し、全体が均等に効率よく暖まります。業界初の安心・安全な6層構造で耐久性に優れ熱効率を高めます。特許取得のPTC塗料を含浸焼成した特殊ファイバーと均熱アルミの採用で、バツグンの耐久性と暖房効率の向上を実現し、住宅の床暖房として使用されている特殊ファイバー製のPTCを採用した自己温度制御式パネルヒーターです。コードの向きが気にならないリバーシブルタイプで、裏表どちら向きにも使用できるので、コンセントに無理なく接続できます。異常電流遮断機能(電流ヒューズ)採用で、設定温度45℃(設定精度±5℃)です。

XS・S・M・Lのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

SANKO REPTI WILD(パネルウォーマー)

生き物や環境に合わせた温度に設定ができる国産の可変式PTCパネルヒーターです。

安心の日本製で、省電力で効率的な保温機能を備えています。約25~45℃の範囲で自由に設定が可能な温度設定機能付きで、安全ヒューズ内蔵で保温動作が確認できる作動ランプ付きです。

8W・14W・16W・32Wのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

SANKO REPTI WILD(フラットウォーマー)

国産の爬虫類・小動物用温度固定式PTCパネルヒーターです。

PTC成分・電気特性の特許を取得した安全で安定した保温能力のヒーターです。省電力で効率的な保温機能を備えており、安全ヒューズ内蔵です。保温効率を高める断熱シート付きです。

6W・12W・20Wのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

みどり商会(ピタリ適温プラス)

爬虫類・両生類・小動物に最適な夢のヒーターです。

カーボン樹脂を特殊インクとして使用しており、環境温度の変化により粒子が離れたり、結合したりして通電量や抵抗値を自動調節します。低温時には温度を上げ、高温時には温度を下げて一定温度を保つ画期的システムです。表面温度42℃(±5℃)で温度完全自動制御の遠赤外線温熱マットです。多重安全装置付きで自己消火性機能を備えています。

様々な形状・大きさのラインナップがあります。ケージの形状・大きさに適したものを選びましょう。

みどり商会(ナラベルト)

遠赤外線リボンヒーターです。

他の商品とは異なり温かいベルト状のヒーターなので、複数の生体を小型ケージなどで飼育している方におすすめです。複数のケージをまとめて保温することができます。

大・小2種類のラインナップがあります。特注サイズも可能だとのことです。

 

ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめの保温球

一般的には保温を目的とした電球全般のことを保温球といいます。ひとくちに保温球といっても数多くの種類があります。

まず基本的には昼用・夜用・昼夜兼用の3つにわかれます。

  • 昼用

太陽光をイメージした光を出す昼行性の爬虫類がバスキング(日光浴)をするためのライトです。ヒョウモントカゲモドキは夜行性の爬虫類ですので必要ありません。

  • 夜用

月明りをイメージした青色の光を出すライトです。夜行性の爬虫類のための保温球ですのでヒョウモントカゲモドキに適しています。

  • 昼夜兼用

朝方・夕方をイメージした赤色の光を出すライトです。昼行性・夜行性の爬虫類に対応していますのでヒョウモントカゲモドキにも使用することができます。

またそこから集光タイプ・散光タイプに枝分かれします。

  • 集光タイプ

集光タイプは一か所に集中して光を当てますので部分保温に適しています。

  • 散光タイプ

散光タイプはケージ内全体に光を当てますので全体保温に適しています。

全部で以下の6つに分かれます。

  • 昼用集光タイプ
  • 昼用散光タイプ
  • 夜用集光タイプ
  • 夜用散光タイプ
  • 昼夜兼用集光タイプ
  • 昼夜兼用散光タイプ
保温球のワット数について

ワット数は保温球の能力を表し、ケージサイズによって適切なワット数がおおよそ決まっています。ワット数が足りない保温球では、ケージを十分に保温できない可能性があります。必要なワット数を決める条件はケージサイズ(保温する空気の堆積)と室温の2つになります。また、寒い地域に住んでいて、室温が低い環境で飼育するのであればワット数に余裕を持っておいた方が良いでしょう。ワット数が大きい分にはサーモスタットで調整することができます。ケージサイズと保温球の適切なワット数の対応関係は以下の通りです。

  • 45cmケージ:40W~60W
  • 60cmケージ:60W~80W
  • 90cmケージ:100W以上
保温球を使用する場合は、セラミックソケットを使用しないとソケットが溶ける場合がありますので注意して下さい。

それぞれ用途に合ったものを使うようにしましょう。

ヒョウモントカゲモドキの場合は、夜用の保温球であれば飼育に適しています。昼夜兼用の保温球も使用することができますが、今回は夜用の保温球に絞って紹介したいと思います。代表的な夜用の保温球には、以下のアイテムがあります。

夜用集光タイプ保温球

  • ゼンスイ Petpetzone(ストロングムーンライトランプ)

 

夜用散光タイプ保温球

  • GEX EXOTERRA(ナイトグロー ムーンライトランプ)

それでは詳しく紹介していきたいと思います!

ゼンスイ Petpetzone(ストロングムーンライトランプ)

ゼンスイ ペットペットゾーンが販売している、夜用集光タイプの保温球です。

夜間点灯しても眩しくない青い光で、あらゆる夜行性の生体の活動をサポートします。夜用保温球としても最適で、ホットスポットやケージ内に温度差も作ることができます。二重ガラス構造で、外側ガラスにひびが入っても球切れしない長持ちの構造となっています。

20W・40W・60W・100Wのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

GEX EXOTERRA(ナイトグロー ムーンライトランプ)

ジェックス エキゾテラが販売している、夜用散光タイプの保温球です。

夜行性の生体に最適な、自然の月の光を再現した青い光を照射します。

50W・75Wのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

 

ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめのサーモスタット

保温球など温度調節機能のない保温器具は、サーモスタットと合わせて使用することをおすすめします。サーモスタットとは温度を自動で調節してくれる装置のことです。

例えば、保温球をサーモスタットにつないで28℃に設定しておくとします。ケージ内の温度が28℃になるとサーモスタットが保温球をオフにしてこれ以上暖まらないようにし、ケージ内の温度が28℃を下回ると保温球をオンにして保温します。このようにサーモスタットは、ケージ内が任意の温度になるように自動で調整してくれます。サーモスタットを使用しなければ、保温器具は必要以上にケージ内を暖めますので最悪の場合生体が熱死してしまう可能性もあります。そのため保温器具はサーモスタットと合わせて使用するようにしましょう。また保温器具の能力が不足している場合は、サーモスタットで任意の温度に設定していても正常に保温されないので注意しておきましょう。

ヒョウモントカゲモドキの飼育に適した代表的なサーモスタットには、以下のアイテムがあります。

  • カミハタ(レプタイルサーモ)
  • Vivaria(LCDペットサーモ)
  • GEX EXOTERRA(イージーグローサーモ)
  • GEX EXOTERRA(タイマーサーモ)

それでは詳しく紹介していきたいと思います!

カミハタ(レプタイルサーモ)

爬虫類保温球専用のサーモスタットです。

保温球への通電が一目でわかるLED表示を採用しており、20℃~40℃の温度設定が可能です。 1W~最大310Wまでの保温球の接続使用が可能です。

Vivaria(LCDペットサーモ)

ペット用タイマー機能付きの液晶表示電子サーモスタットです。

飼育ケージ内の温度と照明を管理することができます。バックアップ機能付きで、異常な発熱・発火を防ぐトラッキング防止プラグを使用しています。エラー表示機能付きで、器具の誤動作を防ぐ耐ノイズ設計です。使用できるヒーター容量は150Wまで、使用できるライト容量は150Wまでとなっており、制御温度範囲は20℃~50℃となっています。

GEX EXOTERRA(イージーグローサーモ)

爬虫類・小鳥・小動物用のサーモスタットです。

保温器具につなげて快適温度にし温度の上がりすぎを防止します。ダイヤルを回すだけで簡単に温度管理でき、保温器具をつなげるだけでケージ温度の上がりすぎを防ぎ快適な飼育温度を保ちます。適用保温器具最大容量は最大300Wで、制御温度範囲は18℃~40℃となっています。

GEX EXOTERRA(タイマーサーモ)

爬虫類・両生類用タイマー機能付電子サーモスタットです。

これ1台で保温・照明器具をコントロールすることができ、温度・照明管理で自然な生体リズムを維持することができます。設定しやすい液晶パネルを採用しており、白熱球やUV球の管理に便利です。異常を知らせる警報ランプ付きで、停電時も安心のバックアップ機能を備えています。使用できる保温器具は300Wまで、使用できる照明器具は300Wまで、制御温度範囲は15℃~40℃となっています。

 

まとめ

ヒョウモントカゲモドキの保温に関しては、最低でもパネルヒーターだけは必ず使用しましょう。

それに加えてケージ内の空気全体も温めてあげる必要があるため、エアコンや保温球で管理しましょう。複数の生体を飼育している方はエアコンで管理した方が楽ですし、ヒョウモントカゲモドキ1匹のみの飼育であれば保温球で管理した方が電気代等のコスパは良いと思います。

サーモスタットがあれば温度管理もめちゃくちゃ楽になりおすすめです!

私が現在ヒョウモントカゲモドキの飼育で使用している保温器具は、ジェックスのエキゾテラ レプタイルヒートS・ナイトグロー ムーンライトランプ・イージーグローサーモです。ケージがグラステラリウムを気に入って使っているので、その他もエキゾテラで統一しています。

【爬虫類・両生類飼育用ケージ】GEX EXOTERRA グラステラリウムの紹介!

2018.11.27

では、みなさんもよい爬虫類ライフを!