【本物にこだわりたいメンズ必見】大容量!多機能!牛本革が破格の値段!モノライフ・リアルレザーボディバッグの紹介




どうも、SHU(@kitajimashuichi)です。

 

皆さんは普段どんなバッグお使いですか?

私は今までTNFのBCヒューズボックスポーチという商品を気に入って使用していたのですが、経年劣化でだいぶ痛んできました。

 

そのため次どんなバッグにしようかなと考えていたところ、たまたまモノライフ合同会社さんから牛本革のボディバッグを提供して頂き、大変気に入りましたので紹介したいと思います!

 

【多機能】6つのポケット取り外し可能のポータブルミニポーチ付

さっそく外観を見ていきましょう!

まず驚いたのはポケットの多さ!見るからに多機能そう!

普段持ち歩くモノって、どちらかといえばこまごましたモノが多いからポケットの多さって結構重要だったりします!

バッグ前面には4つのポケット取り外し可能のポータブルミニポーチが備え付けられています。

ミニポーチは、たばこ1箱とZippoライターなどがちょうど入る大きさ。ボディバッグから取り外してベルトなどに固定して持ち歩くことも可能です。

バッグ裏面にも1つポケットが!スマホやメモ帳が入る程度の大きさです。

しばらく使用してみて、ちょうど背負ったときに体に接する部分ですので凹凸のあるモノは入れれず、スマホやメモ帳を入れるにしても頻繁に出し入れするモノは背負ったままでの出し入れがしにくくこのポケットの使い道が難しい。

私は通帳を入れたり、外出先で頂く名刺や領収書を一時的に収納しておくために時々使用しています。

個人的には背面部に収納スペースがあるよりはクッション性に優れたバッグの方が好きです(笑)

バッグのメインポケットの中にも1つポケットが!

このポケットって意外と便利なんですよね!他のモノと一緒に入れるとごちゃごちゃになってしまうイヤホン・充電器等のケーブル類や、どこに行ったか分からなくなってしまう小物を入れておく際に重宝します。

 

【大容量】2Lのペットボトルもラクラク入る

次に、バッグとしての容量を見ていきたいと思います!

最近主流となっているボディバッグと比較しても、結構大きめのバッグに分類されるのではないかと思います。

見てください!2リットルのペットボトルが余裕で入るのこの大容量さ!2リットルですよ!ちなみにこの状態でジッパーも締まります!

2リットルのペットボトルを普段持ち歩いている人がいるかは分かりませんが・・・それくらい大容量だということです! 

こちらが私が普段プライベートで持ち歩くモノですが、当然これくらいなら余裕で入ります。

重要なのは、バッグの容量に余裕を持たせておくということです!

  • 今日は雨が降りそうだから、折り畳み傘を持っていこう。
  • 通勤途中で、本読みたいな。
  • 外出先で、急に荷物が増えてしまった。
  • 外出先で喉が渇いて、間違えて2リットルの飲み物を買ってしまった。

こんな場合でも大丈夫!

しかし、それではレビューにはなりませんので仕事関係で持ち歩くモノを詰め込んでみます!

こんだけ突っ込むと結構パンパンになります(笑)

これだと先ほど言った「重要なのは、バッグの容量に余裕を持たせておくということ」ができないんですけど大丈夫、安心してください!

このボディバッグは、側面ジッパーを開けることで容量を拡張できるんです!

外出先でもう少し容量ほしいなって時は、側面ジッパーを開いてやればバッグ内に余裕ができます。

今まではリュックで持ち歩いていましたから、ボディバッグでここまで入るのは驚き!

 

ファッション性チェック

バッグって、普段持ち歩くモノだから結構見た目も重要ですよね?

モデル:身長 170cm・体重 60kg

よくないですか!?

見た目もシンプルで、かっこよくて個人的にはめちゃくちゃ気に入っています!

私はほとんど白シャツしか着ないというか、白シャツしか持っていないというか・・・

そんな感じなんですけど白シャツにもよく映える!

北島秀一の「10着のワードローブ」を公開!

2017.10.25

 

ちなみに届いてすぐ開封時に、嫁さんもいたんですがこのボディバッグを見て、「何それ!?かわいい!!!私も使っていい?」とのこと!

おっ、これは意外と女性受けもいいのでは!?と思い、私の嫁さんは少し変わってて判断基準にならないのでネットで女性のレビューを検索。

こちらのブログが見つかりました!

女性の方はこちらのブログも参考にしてみては?

 

【牛本革が破格の値段】7,980円

そして忘れてはいけませんよ!

このボディバッグが牛本革だということを!そして、そのお値段7,980円!

このサイズで牛本革を使用していて、この価格は激安!

 

しかし、ここで疑問に思う人もいるかもしれません。

「本当に本革なのか!?値段的に合皮なのではないか?」

私自身、届いてすぐしっかりと確認しました!

本革と合皮を見分けるポイント
  1. 毛穴
  2. 革の断面
  3. 匂い

それぞれ見ていきましょう!

まずは毛穴!

本革はもともと毛が生えた動物の皮です。

鞣し等の加工の過程や方法によって処理され毛穴が見えにくい本革製品もありますが、ライトの下でよく見ると毛穴が見えるものもあります。

合皮にはこの毛穴がありません。

このボディバッグの場合、上の写真を見ていただけたら分かるように革表面の毛穴がしっかりしています。

次に革の断面!

動物の皮は基本的に、太い繊維や細い繊維が縦横に絡まり合ってできています。

ベルトの穴やバッグの持ち手など断面が見える場合はそこをチェックしてみましょう。毛羽立ったり、しわが寄ったりして見えるようであれば本革です。

合皮の場合は、断面部分に厚く塗料が塗ってあるだけの場合が多いようです。財布の内側など切りっぱなしのところを見ると、合皮の場合は布地の断面が見えることもあります。

このボディバッグの場合は、写真のジッパーのつまみ部分を見ていただければ毛羽立っているのがわかると思います。

最後に匂い!

一番わかりやすいのが、単純なようですがにおいでチェックすること。

本革が一概にこういう匂いという匂いはありませんし革の種類などによってもまったく違いますが、どんな動物の革でも本革の製品は独特ないい匂いがあります(個人的にずっと嗅いでいられる好きな匂い)。

手持ちの革製品のにおいを嗅いで確かめておくと、店頭で見分ける際はとても便利です。

合皮の場合は、ビニールっぽい石油臭い匂いがしたり無臭だったりします。

 

モノライフ合同会社さんのブログでも、革レザーの豆知識など書かれていますので気になる方はぜひ読んでみてください!

なかでも、これからネットで本革製品を買おうという方はこの記事を読んだ方がためになると思います!

 

まとめ

牛本革のボディバッグとしては、値段のわりにめちゃくちゃクオリティも高く、他ブランド品と比較してもコスパに優れた製品だと感じました!

多機能で大容量のボディバッグをお探しで少しでも安く手にしたいという方は、こちらのボディバッグを検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめです!

提供:モノライフ合同会社