【ロシアリクガメ(ヨツユビリクガメ)】乾燥系リクガメの飼育に必要なオススメの紫外線ライトと可視光線ライトを紹介!

どうも、爬虫類ブロガー“SHU”です。

ロシアリクガメを飼育するにはどんなアイテムを揃える必要があるのか?今回は紫外線ライトと可視光線ライトに焦点を当てて、市販されているおすすめのアイテムを紹介していきたいと思います。是非参考にしてみて下さい!

はじめに

紫外線ライトについて

爬虫類用のライトと一般的なライトを比較したときに何が違うかというと、その光のなかに爬虫類にとって有用な紫外線が含まれているかどうかです。紫外線はガラス等を透過しないため、飼育下で爬虫類に浴びさせることが難しい光でもあります。

●光の波長について

太陽光に含まれる光の波長は、大きく分けて3つあります。眼に見える明るい光である可視光線と、物を暖める効果がある赤外線、生物の体内に化学変化を起こす紫外線です。紫外線は通称UVと呼ばれ、その波長によってさらにA・B・Cと区分されています。そしてそのなかでも、UVBに含まれる310ナノメートル付近の波長が特に昼行性の爬虫類の健康にとって重要だとされています。

昼行性の爬虫類は口から摂取したカルシウムを腸から血液中へと吸収するために、UVBを浴びることで合成されるビタミンD3を利用します。これが不足してしまうと、低カルシウム血症を起こして筋肉の痙攣や嘔吐といった症状が現れたり、血中カルシウム濃度を補うために骨からのカルシウム溶出が起きてしまう「クル病」にかかることがあるので、昼行性の爬虫類にとってUVBは重要視されています。

紫外線の波長と種類
  • UV-A:細胞を活性化し、食欲増進や脱皮促進に関係します。
  • UV-B:カルシウム代謝に関係します。ビタミンD2やD4をビタミンD3に変換しカルシウムを骨に定着させ、正常な骨格や卵殻を形成します。
  • UV-C:殺菌作用があるものの、日焼けやシミ・皮膚ガン・紫外線眼炎・免疫力低下などの原因となり細胞破壊に関係します。

●紫外線照射量について

昼行性の爬虫類にとっての紫外線ライトの良し悪しは、紫外線照射量で決まります。紫外線照射量は紫外線強度計という機械で測定することができますが、この機械が安いものでも2~3万円はするので紫外線照射量を実際に計測することは難しいです。そのためか市販の爬虫類飼育用紫外線ライトの中には、まともに紫外線が照射されていないものも多くあるとされています。従って爬虫類飼育用紫外線ライトを購入する際には、紫外線の計測情報やレビュー等を参考するか信頼できるメーカーから購入することをおすすめします。

紫外線ライトは、使用開始後から紫外線照射量が徐々に減少していきます。照射効果を確実にするためには、1年を目安に交換するようにしましょう。

●照射距離とレイアウトについて

以上のことから昼行性の爬虫類を飼育するには、必ず紫外線ライトを使用することが必須となってきます。蛍光灯タイプの照明では照射距離によって紫外線量が減少しますが、リクガメは他の爬虫類のような立体活動を行わずライトと距離を調整することができないので目を傷める可能性があります。なのであまり至近距離からの照射は避けケージ上部30~45cm程度の距離から照射するようにして、シェルターなどで日陰になるような場所を必ず設けるようにしましょう。

可視光線ライトについて

太陽光に含まれる光の波長は可視光線・赤外線・紫外線の3つがあると言いましたが、紫外線ライトは人間には明るく見えますがUVBが強いほど可視光線が少なくなり爬虫類たちには明るく見えません。

バスキング(日光浴)を好む昼行性の爬虫類は、暗いところで飼育されている感じになりストレスになってしまう場合があります。そのためケージ内でも自然環境下と同じように本来の太陽の光の色と明るさを再現するために紫外線ライトと一緒に可視光線ライトを併用することが推奨されています。

●食欲増進や脱皮促進などにも効果あり

可視光線ライトは、可視光線と波長の近いUVAも同時に多く照射します。UVAは細胞を活性化し、食欲増進や脱皮促進に関係します。そのため食欲が増し、元気になる個体も多いです。さらに動物全般に言えることですが昼と夜のメリハリをつける光周期も重要で、可視光線ライトを使うことによって生活サイクルを整えることができます。

紫外線・可視光線ライトの規格

紫外線・可視光線ライトには、現在主流となっているスパイラル球型・電球型など小型の形状をした様々なケージでの使用にも最適なクリップ式のコンパクトタイプ、昔から紫外線照射量・照射距離ともに安定していると上級者やハイマニアに支持されている蛍光灯型の形状をした直管タイプのものなどがあります。ライトの形状やワット数によって照射器具も異なりますので注意しましょう。

爬虫類飼育でライトを設置するために必要な照射器具一覧

2021年2月22日

ロシアリクガメの飼育におすすめの紫外線ライトと可視光線ライト

ロシアリクガメなど乾燥系リクガメは、日光浴を好む種が多いので基本的に紫外線の要求量も多いです。ケージ上部30~45cm程度の距離から照射するのであれば、強い紫外線を含むライトを選ぶようにしましょう。飼育環境によって至近距離で紫外線ライトを照らす必要がある場合、リクガメが紫外線によって目を傷める可能性があるので中程度の紫外線を含むライトを選ぶようにしましょう。

紫外線ライトは様々なメーカーから数多くのアイテムがリリースされています。今回は市販されている強い紫外線を含むライトをベースに、中程度の紫外線を含むライトや各メーカーが併用を推奨している可視光線ライトも一緒に紹介していきたいと思います。

【ビバリア】スパイラルUVB デザート

ビバリアから出ているコンパクトタイプの爬虫類用紫外線ライトです。

ビバリアのスパイラルUVBの中では一番強い紫外線を照射し、砂漠やサバンナ環境の紫外線を再現します。

created by Rinker
ビバリア
商品詳細や口コミをチェック!

中程度の紫外線を含むライトはコチラ!

created by Rinker
ビバリア
商品詳細や口コミをチェック!

【エキゾテラ】レプタイルUVB150

ジェックスのエキゾテラから出ているコンパクトタイプの爬虫類用紫外線ライトです。

砂漠・サバンナに棲息する爬虫類に最適な紫外線を照射するランプです。

中程度の紫外線を含むライトはコチラ!

ケージ内で自然に近い明るさを再現するために可視光線ライトである「ナチュラルライト」との併用がメーカーから推奨されています。

【ズーメッド】レプティサンコンパクト10.0UVB

ズーメッドから出ているコンパクトタイプの爬虫類用紫外線ライトです。

UVBだけでなくUVAも照射し、危険であるUVCは完全にカットされています。根元から6本の特殊硬化ガラスを使用した蛍光管が出ていて、蛍光管表面が大きいためにより強力なUVBを照射します。

created by Rinker
Zoo Med
商品詳細や口コミをチェック!
created by Rinker
Zoo Med
商品詳細や口コミをチェック!

中程度の紫外線を含むライトはコチラ!

created by Rinker
Zoo Med
商品詳細や口コミをチェック!
created by Rinker
Zoo Med
商品詳細や口コミをチェック!

【ハープクラフト】UV-MASTER Level 8

スドーのハープクラフトから出ている直管タイプの爬虫類用紫外線ライトです。

爬虫類の健全な育成に不可欠なUVA(長波長紫外線)・UVB(中波長紫外線)を含む光を照射します。生物に危険とされるUVC(短波長紫外線)は照射されません。飼育動物に充分なUVA・UVBを供給すると同時に、爽やかで明るい光(色温度70000K、演色性Ra80)を照射し、飼育動物の活性を高めます。UVマスターはあまりメジャーではありませんが、直管蛍光灯の中では結構紫外線が出ているようです。

15W(45cm用)・20W(60cm用)のラインナップがあります。90cmケージ用の30W・32Wのラインナップがないことが残念です。

created by Rinker
スドー
商品詳細や口コミをチェック!
created by Rinker
スドー
商品詳細や口コミをチェック!

中程度の紫外線を含むライトはコチラ!

created by Rinker
スドー
商品詳細や口コミをチェック!
created by Rinker
スドー
商品詳細や口コミをチェック!

【ポゴナ・クラブ】ビバリウムグロー パワーUVB

ポゴナ・クラブから出ている直管タイプの爬虫類用紫外線ライトです。

爬虫類の育成に必要なUVB を照射し、熱帯地方の自然光の紫外線波長バランスを再現しています。

15W・20W・30W・32Wのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

ケージ内で自然に近い明るさを再現するために可視光線ライトである「ビバリウムグロー ソフトUV」との併用がメーカーから推奨されています。

【爬虫類飼育専用紫外線蛍光灯】ポゴナ・クラブのビバリウムグロー パワーUVBの紹介!

2018年8月13日

【ズーメッド】レプティサン10.0UVB

ズーメッドから出ている直管タイプの爬虫類用紫外線ライトです。

世界初の爬虫類専用ライトを開発したZooMedがマニアのために作った究極のリアルライトで、ドイツのプロフェッショナルブリーダーが大絶賛しています。ZooMedが誇る世界最大の屋内飼育施設CaliforniaZoologicalにて生体実験結果により開発しており、安全面、繁殖確率、発色効果がすべて違い自然下と同じように生体を覚醒させます。UVB10%を照射し、蛍光管表面からUVBだけがなんと52cmまで確実に到着し、これによりケージ上部に備え付けるだけで、ケージ内に吊り下げる必要がありません。危険であるUVCは完全にカットしており、爬虫類ライトといえばZooMed。歴史、実績、知識が違います。

15W(45cm用)・20W(60cm用)・40W(120cm用)のラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

created by Rinker
Zoo Med
商品詳細や口コミをチェック!

中程度の紫外線を含むライトはコチラ!

created by Rinker
Zoo Med
商品詳細や口コミをチェック!
ケージ内で自然に近い明るさを再現するために可視光線ライトである「ネイチャーサン」との併用がメーカーから推奨されています。
created by Rinker
Zoo Med
商品詳細や口コミをチェック!

まとめ