ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の飼育に必要なオススメのケージを紹介!




どうも、爬虫類ブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

いざヒョウモントカゲモドキを飼育する場合には、どんなアイテムを揃える必要があるのか?

今回はケージに焦点を当てて、市販されているおすすめのケージなどを紹介していきたいと思います!

 

はじめに

ヒョウモントカゲモドキを飼育するのに必要なスペース

一般的に地表棲のヤモリを飼育するのに必要なスペースは、間口が全長の1.5倍で奥行きが全長と同じくらいであれば飼育が可能です。たとえば全長20cmのヒョウモントカゲモドキを単独で飼育する場合なら、20cm×30cm程度の床面積があれば問題ありません。ヒョウモントカゲモドキは立体活動もあまりしませんので高さも体高の3倍程度あれば十分ですが、極端に背の低いものだと日常のメンテナンスがしづらくなるので、適度な空間はあった方が良いでしょう。

ケージ選びに迷ったときには

ヒョウモントカゲモドキの飼育に使用できるケージは、虫かごをはじめとしたプラケースから、多くの生体を管理したい方におすすめのアクリルケース・観賞魚用のガラス水槽・爬虫類の飼育に特化したガラスケージなど、爬虫類専用の飼育ケージだけでも数多く販売されていますがセレクトに迷ったときはまず通気性の良さを重視して選ぶようにし、次に頑強さ・脱走防止のためにきちんとふたの閉められるものを重視しましょう。もちろん気に入った外観のものを選ぶことも大事ですが、迷ったときには信用できるショップのスタッフに相談してみるのも良いでしょう。

 

ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめのケージ

ヒョウモントカゲモドキの飼育に適したケージは数多くあります。プラケース・アクリルケース・テラリウム水槽・爬虫類飼育専用ケージなど様々です。

一般的にヒョウモントカゲモドキの飼育で使用されているケージには、主に以下のようなアイテムがあります。

【プラケース】

  • SUDO HERP CRAFT(レプティケース)
  • SUDO HERP CRAFT(レプティギア)

 

【アクリルケース】

  • SANKO REPTI WILD(レプタイルボックス)

 

【テラリウム水槽】

  • SANKO REPTI WILD(グラスゾーン)
  • GEX EXOTERRA(レプテリア)
  • KOTOBUKI(ヒュドラケース)

 

【爬虫類飼育専用ケージ】

  • GEX EXOTERRA(グラステラリウム)

それでは詳しく紹介していきたいと思います!

SUDO HERP CRAFT(レプティケース)

スドー ハープクラフトが販売している、プラスチック製の爬虫類・両生類用飼育ケースです。

ケース前面と側面に2か所コオロギ等の生餌が入れられる「給餌ドア」がついており便利で、積み重ねたままでも給餌ができるため多くの生体を管理したい人にもおすすめです。プラスチック製のため保温球等の熱を持つ器具との併用はできないため、基本的には同社が販売している「レプタイル保温BOX レプティケースセット」や、エアコン等で温度管理しなければなりません。

価格のわりには機能的ですが、見た目がいかにも虫かごっぽい点や、管理方法もスタイリッシュじゃない点がマイナスポイントでしょう。

SUDO HERP CRAFT(レプティギア)

スドー ハープクラフトが販売している、プラスチック製の爬虫類飼育ケースです。

機能的には「レプティケース」とあまり変わりませんが、見た目がよりスタイリッシュで、生体目線でのエサやり・コンタクトを可能にした大きなドアとワイドな開口部が特徴でワンタッチでの開閉が可能です。こちらも積み重ねて使用することができ多くの生体を管理したい人にもおすすめです。プラスチック製のため保温球等の熱を持つ器具との併用はできないため、基本的にはエアコン等で温度管理しなければなりません。

レプティケース」よりもスタイリッシュで、サイズも2種類展開されていますが、通気スリットが少なく通気性が悪い点がマイナスポイントでしょう。

「レプティギア」は販売されたばかりの新商品で、現在は品薄状態が続いているためリンクの方は掲載しておりません。

SANKO REPTI WILD(レプタイルボックス)

三晃商会 レプティワイルドが販売している、アクリル製の爬虫類飼育ケースです。

アクリルはプラスチックよりも耐久性に優れ、透明性がある素材なので爬虫類飼育ケースとして適しています。こちらの商品も積み重ねが可能で、四角い形状なので隙間なくキレイに並べることもできるため省スペースで多くの生体を管理したい人にもおすすめです。アクリル製のため保温球等の熱を持つ器具との併用はできないため、基本的にはエアコン等で温度管理しなければなりません。

強力なマグネットロックで脱走防止にも配慮されていますが、スライド式天ブタで上からしか世話できないという点がマイナスポイントでしょう。

SANKO REPTI WILD(グラスゾーン)

三晃商会 レプティワイルドが販売している、ガラス製の爬虫類飼育ケージです。

レプタイルボックス」をアクリル製からガラス製にしたような商品で、2段まで積み重ねができるように設計されており、シンプルな形状でキレイに並べることができます。天面にはメッシュのスライド扉がついており、メッシュも網目が細かく割としっかりしており通気性に優れています。ガラス製になることによって何が違うかというと、1番は保温球等の保温器具が使用できるという点です。個人的にヒョウモントカゲモドキの飼育にはパネルヒーターの他、保温球を使用することを推奨しています。

レプタイルボックス同様、天面スライド扉で上からしか世話できないという点がマイナスポイントでしょう。

GEX EXOTERRA(レプテリア)

ジェックス エキゾテラが販売している、ガラス製の爬虫類飼育ケージです。

機能的には「グラスゾーン」とあまり変わりませんが、電源コードやチューブも通せるコード穴がついていたり、パネルヒーターが設置しやすいスペースを設けた底フレーム形状で、爬虫類飼育に便利なように配慮されています。こちらの商品も2段まで積み重ねて使用することができます。

こちらの商品もケージ上部からしか世話ができないという点がマイナスポイントでしょう。

KOTOBUKI(ヒュドラケース)

コトブキ工芸が販売している、ガラス製の爬虫類飼育ケージです。

写真左側の「3120」と、右側の「3133」の2種類があります。「3120」は先ほど紹介した「グラスゾーン」と「レプテリア」と機能的にはあまり変わりませんが、個人的には両者のいいとこどりをしたような商品という印象を受けます。「3133」はケージ前面がスライド扉となっておりロック機能も備えているため、メンテナンス性に優れ爬虫類の飼育により特化しています。さらにこちらの商品も2段まで積み重ねて使用できるようになっています。

3133」に関して言えば、爬虫類飼育に便利な機能が充実しており価格もお手頃なのでおすすめです!唯一欠点をあげるとすれば、スライド扉のデメリットとして片方の扉を開けると、もう片方の扉が開けれなくなり広々と世話をできないことでしょうか。

GEX EXOTERRA(グラステラリウム)

ジェックス エキゾテラが販売している、ガラス製の爬虫類飼育ケージです。

グラステラリウムの最大の特徴はまず見た目でしょう。ヨーロッパ仕様のデザイン性に優れたケージでインテリアとしても映えます。「ヒュドラケース 3133」同様に爬虫類飼育に便利な機能が充実しており、グラステラリウムは前面観音開きでヒュドラケースのスライド扉の欠点を完全に克服しています。ケージ前面から広々と世話をすることができ多くのブリーダーの間でも好評の爬虫類飼育専用ケージです。

【爬虫類・両生類飼育用ケージ】GEX EXOTERRA グラステラリウムの紹介!

2018.11.27

まとめ

我が家で飼育しているヒョウモントカゲモドキの「琥珀」は、現在仮家として40cmのアクリル水槽で飼育していますが、すでに「グラステラリウム 3030」が付属した「ハビタットキット デザート」という商品をネットで購入済みで、届き次第引っ越しする予定です。

当ブログ『SHULOG』を読んでいただいている方はご存知かと思いますが、我が家で飼育しているフトアゴヒゲトカゲの「ごえもん」がグラステラリウムをすでに使用しています。

「グラステラリウム」は個人的にめちゃくちゃおすすめですので、気になった方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

【爬虫類・両生類飼育用ケージ】GEX EXOTERRA グラステラリウムの紹介!

2018.11.27

ではでわ、みなさんもよい爬虫類ライフを!