コオロギの管理(飼育・繁殖)方法

どうも、爬虫類ブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

この記事では、主に爬虫類や両生類などのエサとして流通しているコオロギの管理方法について紹介したいと思います!

 

はじめに:餌用コオロギについて

主に餌用として流通しているコオロギには、ヨーロッパイエコオロギ(イエコ)とフタホシコオロギ(クロコ)の2種類がいます。

ヨーロッパイエコオロギ

西ヨーロッパのパン工場や家の中など、1年中暖かな場所に住み着いていたため「ヨーロッパイエコオロギ」や「ハウスクリケット」と呼ばれていますが、ドイツの文献によると原産地は北アフリカ地域と記載されています。

ヨーロッパイエコオロギは、気温が高く乾燥した気候に適応した性格を持つため、比較的水切れに強く丈夫で飼育しやすい種類です。ヨーロッパでは昔から爬虫類・両生類の餌昆虫として飼育されてきましたが、日本に入ってきたのは数十年前のことです。

現在は日本各地で飼育されていますが、高い気温(30℃)と乾燥した環境(湿度40%~50%)を好むヨーロッパイエコオロギにとって雨が多く多湿で、冬寒い日本の自然環境は非常に厳しく、野外で繁殖することは大変厳しいようです。

オスの成虫は20mm、メスは25mmに成長しますが、過密飼育、餌不足、低温で飼育すると小型化します。成熟したメスは、毎日100~200くらいの卵を土の中に産みつけます。卵は30℃で保管すると約12日で孵化しますが温度が低いと孵化は大幅に遅れ、20℃以下では孵化率も低下します。孵化した幼虫は、数回の脱皮を繰り返し約32日後に成虫になります。

エサとしての能力値
  • 栄養価:★★★★☆
  • 嗜好性:★★★★☆
  • 食べ易さ:★★★★☆
  • 入手し易さ:★★★★★
  • 管理し易さ:★★★★☆

栄養価、入手のしやすさ、扱いやすさ、あらゆる面でバランスがいい爬虫類の定番食です。これといった難点はなく、爬虫類も好んで食べてくれます。雑食性で、稀に生体に噛みつくこともあるので、動きの遅い生体にはきちんとピンセットから与えた方が良いです。

フタホシコオロギ

フタホシコオロギの生息地は、東南アジアの熱帯地域です。日本では沖縄、南西諸島に棲息しています。

高温多湿の熱帯地域に棲むフタホシコオロギの飼育は、乾燥、蒸れ、水切れに弱いため、イエコより管理が難しいです。しかし、ボリュームのあるサイズとジャンプ力が弱く逃げ足が遅いという餌昆虫に適した特徴を持つため、様々な飼育動物の餌昆虫として普及しています。

オスの成虫は25mm、メスは30mmに成長しますが、過密飼育や野菜中心のエサで飼育すると小型化します。卵は約10日で孵化します。孵化直後の幼虫は3mmくらいで全身真っ黒です。エサと水を切らさないように注意して気温25~30℃の環境で飼育すると約30日後には成虫になります。

エサとしての能力値
  • 栄養価:★★★★★
  • 嗜好性:★★★☆☆
  • 食べ易さ:★★★★☆
  • 入手し易さ:★★★★☆
  • 管理し易さ:★★☆☆☆

イエコより更に栄養価が高い万能餌です。ただし、イエコと比べると管理が若干手間で、過密、蒸れに弱く、しかも鳴き声がうるさいです。肉食傾向が強く、生体に噛みつく可能性が高いので、バラマキ給餌は避けましょう。臭いが強く、なかには嫌がる個体もいます。

 

コオロギの管理(飼育)方法

コオロギの管理に必要なアイテムをまとめると以下の通りです。

  • 飼育容器
  • 冬用保温器具
  • シェルター
  • 水入れ(給水器)
  • エサ

飼育容器

飼育容器は、数百匹以下の少量の場合はサイズが豊富で値段も安いプラケースがオススメです。ケースは小さすぎると過密飼育になり、共食いをして短期間に数が激減してしまいます。飼育容器は飼育するコオロギのサイズと数に見合ったできるだけ大きな物を使用します。

ヨーロッパイエコオロギは風通しのよい乾いた環境を好みます。通気性が悪いと結露を起こし、その水滴が糞を濡らしてアンモニアが発生してコオロギが全滅することもあります。飼育容器は必ず通気性のいいものを使用しましょう。ヨーロッパイエコオロギのジャンプ力は最大でも30㎝程度です。深さが50㎝以上ある飼育容器であれば蓋は必要ありません。

ちなみに我が家では衣装ケースの蓋を穴あけ加工して飼育容器として使用し、常時200~300匹程度のコオロギを管理しています。

冬用保温器具

コオロギに適した飼育温度は25~30℃が適温です。これより低いと成長は遅れ、15℃以下では次第に衰弱し死にます。そのため冬は飼育容器の下にパネルヒーターを敷き暖めます。サイズも数種類販売されていますので飼育容器の多きさに合ったものを選びましょう。また湿度60%以上の環境で糞を溜めたまま長期間放置しておくとダニが発生します。頻繁に掃除して清潔な環境で飼育してください。

我が家では衣装ケースを使用しているのでパネルヒーターは使用せず、室内温度が15℃を下回らないようにだけ注意しています。また爬虫類飼育している方であればわざわざコオロギのためにパネルヒーターを購入しなくても、爬虫類ケージの上や照明器具の上においておけば爬虫類ケージの排気熱や照明器具の熱で暖めることができます。

シェルター

シェルターは、コオロギの居住空間を増やすためのものです。コオロギが歩きやすい紙製のものであれば卵パック、厚紙など何でも構いません。新聞紙や雑誌のような薄い紙は、コオロギが嚙み千切って食べてしまします。このコオロギを飼育動物に与えると印刷用インクなどの化学物質を間接的に食べさせることになります。新聞紙、雑誌などの印刷物の使用は避けましょう。シェルターは脱皮の際の共食いを防ぐためにも大変重要な役割も果たします。できるだけたくさん入れるようにしてください。

水入れ(給水器)

コオロギにとって水は非常に重要で3日以上切らすと全滅することがあります。このような事態を避けるには毎日水を補給しないといけませんが、給水器を使用すると数日間水を補給する必要がなくなり大変便利です。

ヨーロッパイエコオロギは濡れるのが大嫌いです。コオロギに直接霧吹きすると弱り全滅することもあるので、霧吹きは絶対に行わないでください。

ちなみに給水器はタッパーなどで自作することも可能です。タッパーの蓋に小さな穴をあけてキッチンペーパーや脱脂綿などを通すだけなので簡単です。キッチンペーパーや脱脂綿などに吸わせた水分をコオロギに与えるという仕組みです。

エサ

コオロギは雑食性です。ドッグフード、キャットフード、熱帯魚飼料、野菜、果物など何でもよく食べます。コオロギをペットとして飼育するのであれば、これらの中から嗜好性の良いものを選んで与えます。しかし、コオロギを飼育動物のエサとして与える場合、コオロギのエサは慎重に選びましょう。エサからコオロギの体内に取り込まれた成分の一部は、そのまま飼育動物の体内に入り健康を害する原因になることもあります。飼育動物の健康を第一に考えるのであれば「経済的、嗜好性が良い」などという安易な理由でエサを選ぶのはやめましょう。

 

コオロギの繁殖方法

コオロギの繁殖に必要なアイテムは、管理に必要なアイテムに加えて以下のアイテムが必要になります。

  • 産卵床

産卵床

コオロギは成熟したオスとメスが一定数いて、適度に湿っていて産卵管がさせる柔らかいところがあればどこにでも産卵し、温度と湿度の管理さえできていれば勝手に孵化し繁殖します。

我が家では産卵床として、浅いタッパーに土(バーミキュライト)を敷いて適度に湿らせて使用しています。土以外にもティッシュ・脱脂綿・スポンジなどを使用している人もいるようです。私もいろいろと試しましたが最終的にこれに落ち着きました。

コオロギが産卵した後に産卵床を取り出して管理したり、孵化したコオロギの幼虫を別の飼育容器で管理している人もいますが、そこまでしなくても結構繁殖します。孵化に重要なのは温度と湿度です。

 

まとめ

爬虫類や両生類のエサとして栄養価に優れ、入手しやすく、扱いやすく、あらゆる面でバランスの取れた万能餌であるコオロギですが、いざ管理するとなると「くさい・うるさい・すぐ死ぬ」と一般的に言われており、結構繊細でめんどくさいです。飼育容器内が汚れていたり、過密すぎてもすぐに死にますし、油断したら即全滅でこまめな管理が必要になってきます。そのため爬虫類飼育者はみんな口をそろえて「爬虫類を飼っているのか、コオロギを飼っているのかわからない」と言います。しかし、管理のコツさえつかめば繁殖まで持っていくことも可能です。

ただ個人的に、餌代を少しでも抑えるためになどといった理由で手間や時間をかけてコオロギを繁殖させるくらいなら、ペットである爬虫類を愛でてあげた方が良いんじゃないかなと思います。コオロギ繁殖ための手間と時間を考えると、定期的にショップで購入した方が無難かと思います。管理が楽で繁殖も比較的容易な餌昆虫であれば、レッドローチの方がオススメですしね。まぁ、餌用ゴキブリについてはまた別記事で書きたいと思います。

ゴキブリの管理(飼育・繁殖)方法

2018.12.29

では、みなさんもよい爬虫類ライフを!

爬虫類の生餌について【昆虫編】

2018.12.18