ゴキブリの管理(飼育・繁殖)方法

どうも、爬虫類ブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

この記事では、主に爬虫類や両生類などのエサとして流通しているゴキブリの管理方法について紹介したいと思います!

 

はじめに:餌用ゴキブリについて

主に餌用として流通しているゴキブリには、レッドローチ(トルキスタンローチ)とデュビア(アルゼンチンフォレストローチ)の2種類がいます。

レッドローチ

もともと中央アジアのトルキスタンという地域に生息していたことから「トルキスタンローチ」といいます。また赤い見た目から「レッドローチ」や「レッドランナー」とも呼ばれ、日本ではレッドローチの呼び名で広く浸透しています。

レッドローチは、寒暖の気温差が激しく乾燥した気候に適応した性格を持つため、水切れに強く丈夫で飼育しやすい種類です。海外でも爬虫類・両生類の餌昆虫として飼育されており、中央アジア以外の地域でも生息が確認されています。アメリカでは下水道で普通に見られ衛生害虫として知られているそうです。日本でも飼育されており、すでに定着の例もあるようなので脱走には注意しましょう。

成虫は30mm程度にまで成長します。成熟したメスは卵鞘を産み落とします。卵鞘は25℃前後で保管すると約1ヶ月ほどで、ひとつの卵鞘から数十匹の幼虫が孵化します。孵化した幼虫は、数回の脱皮を繰り返し3ヶ月~6ヶ月後に成虫になります。

エサとしての能力値
  • 栄養価:★★★★★
  • 嗜好性:★★★★☆
  • 食べ易さ:★★★★☆
  • 入手し易さ:★★★★☆
  • 管理し易さ:★★★★★

デュビア

アルゼンチンフォレストローチは、中米から南米にかけてかなり広域の森林に生息しています。一般的に「デュビア」の愛称で親しまれています。

生息地からも分かるように、非常に広範囲の気候に適応しており丈夫で飼育しやすい種類です。それでいて、プラケースなどツルツルした壁面は登ることができず、飛んで移動することもなく、比較的ゆっくりとした動きで餌昆虫に適した特徴を持つため、様々な飼育動物の餌昆虫として普及しています。

成虫は50mm程度にまで成長します。デュビアは卵胎生で最初はメスの体に卵鞘をつけた状態で保護していますが時間が経つと再度メスの体内に取り込まれ、約1ヶ月ほどで孵化し1度に20〜40匹の幼虫が生まれてきます。温度・湿度が低いと孵化は大幅に遅れ、20℃以下では孵化率も低下します。幼虫は数回の脱皮を繰り返し4ヶ月~6ヶ月後に成虫になります。

エサとしての能力値
  • 栄養価:★★★★★
  • 嗜好性:★★★★☆
  • 食べ易さ:★★★☆☆
  • 入手し易さ:★★★☆☆
  • 管理し易さ:★★★★★

 

ゴキブリの管理(飼育)方法

ゴキブリの管理に必要なアイテムをまとめると以下の通りです。

  • 飼育容器
  • 冬用保温器具
  • シェルター
  • 水入れ(給水器)
  • エサ

飼育容器

レッドローチもデュビアも基本的には滑らかで垂直な壁面を登ることはできませんが、幼虫などは稀に登ることが確認されています。飼育容器は、普通のプラケースとかでもいいですが蓋の隙間から脱走する可能性も考えられるので、コバエシャッターという隙間が小さいタイプのプラケースが無難です。ゴキブリは基本的に共食いせず密集を好みますので、ケージサイズと生体の割合が哺乳類や爬虫類の常識とは異なり、過密飼育の方が繁殖のための重要なポイントにもなります。

冬用保温器具

ゴキブリに適した飼育温度は25~30℃が適温です。これより低いと成長は遅れます。そのため冬は飼育容器の下にパネルヒーターを敷き暖めます。サイズも数種類販売されていますので飼育容器の多きさに合ったものを選びましょう。また湿度60%以上の環境で糞を溜めたまま長期間放置しておくとダニが発生します。頻繁に掃除して清潔な環境で飼育してください。

ちなみに我が家ではパネルヒーターは使用せず、フトアゴヒゲトカゲのケージの上や照明器具の上に置いてケージ内の排気熱や照明器具の熱を利用して保温しています。

シェルター

シェルターは、ゴキブリの居住空間を増やすためのものです。ゴキブリが歩きやすい紙製のものであれば卵パック、ダンボール、厚紙など何でも構いません。

水入れ(給水器)

給水器を使用すると数日間水を補給する必要がなくなり大変便利です。

ちなみに給水器はタッパーなどで自作することも可能です。タッパーの蓋に小さな穴をあけてキッチンペーパーや脱脂綿などを通すだけなので簡単です。キッチンペーパーや脱脂綿などに吸わせた水分をゴキブリに与えるという仕組みです。

エサ

ゴキブリは草食傾向の強い雑食性が多いです。野菜、果物、昆虫ゼリー、ラビットフードなど何でもよく食べます。ゴキブリをペットとして飼育するのであれば、これらの中から嗜好性の良いものを選んで与えます。しかし、ゴキブリを飼育動物のエサとして与える場合、ゴキブリのエサは慎重に選びましょう。エサからゴキブリの体内に取り込まれた成分の一部は、そのまま飼育動物の体内に入り健康を害する原因になることもあります。飼育動物の健康を第一に考えるのであれば「経済的、嗜好性が良い」などという安易な理由でエサを選ぶのはやめましょう。

 

ゴキブリの繁殖方法

ゴキブリの繁殖のためにコレといって必要なアイテムはとくにありません。ゴキブリは成熟したオスとメスが一定数いて、温度と湿度の管理さえできていれば勝手に繁殖します。基本的に共食いもしないので過密飼育の方が繁殖もしやすく、いつの間にか勝手に増殖しています。エサだけ十分にいきわたるように注意しましょう。

 

まとめ

爬虫類や両生類のエサとして管理が楽で、繁殖しやすく、とにかく丈夫で場所もとらないと、いいことずくめの餌昆虫であるゴキブリ。コオロギの管理がうまくいかなかったり、餌昆虫に手間や時間をかけたくない方、餌代を少しでも抑えたい方なんかにとくにオススメで、そういった人たちは必ずと言っていいほどレッドローチあたりで落ち着くのではないでしょうか。

また「エサ代も安く、エサによくがっつき、意外と挙動が感情豊かで可愛い」とペットとしての魅力も抜群で、餌用に購入したレッドローチを可愛さのあまりペットにする人もいるとかいないとか…愛想よくエサに反応しがっつく姿は母性本能をくすぐられます(笑)私もまだレッドローチには慣れていないんですが、デュビアなんかはサイズ感もボリュームがあり、動きもゆっくりとしていて、カブトムシとかと変わらないくらいペットとしての魅力を感じています!ゴキブリという先入観さえどうにかすれば意外と愛情が湧くはずです!まぁ、ペットゴキブリについてはまた別記事で書きたいと思います(笑)

ひそかなブーム!?知られざるペットローチ(ゴキブリ)の世界。

2018年12月31日

では、みなさんもよい爬虫類ライフを!

爬虫類の生餌について【昆虫編】

2018年12月18日