ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の飼育に必要なオススメの水入れを紹介!




どうも、爬虫類ブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

いざヒョウモントカゲモドキを飼育する場合には、どんなアイテムを揃える必要があるのか?

今回は水入れに焦点を当てて、おすすめのアイテムなどを紹介していきたいと思います!

 

はじめに

水入れは重量感があるものが好ましい

それほどたくさん水を飲むことはないけれど自分からペロペロと舌を出して水を飲んでいる姿には癒されます。水入れはひっくり返らないように重さのある専用の容器が適しています。水は悪化しやすいので残っていても毎日取り替えるようにしましょう。

 

ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめの水入れ

水入れにもさまざまなアイテムがあるので飼育スペースに合わせてチョイスしましょう。

ヒョウモントカゲモドキの飼育に適した代表的な水入れには、以下のアイテムがあります。

  • SUDO HERP CRAFT(レプタイルディッシュ・レプタイルカップ)
  • SUDO HERP CRAFT(レプティボウル 2)
  • GEX EXOTERRA(ウォーターディッシュ)
  • ZooMed(レプティロックコーナーボウル)
  • ZooMed(レプティロックウォーターディッシュ)

それでは詳しく紹介していきたいと思います!

SUDO HERP CRAFT(レプタイルディッシュ・レプタイルカップ)

シンプルで掃除も簡単!清潔な床置タイプの爬虫類用エサ&水入れです。

返しのある形状は水がこぼれにくく、ミルワームなどの逃げ出しを予防します。

S・Lのサイズラインナップと、深底タイプのレプタイルカップがあります。生体の大きさに適したものを選びましょう。

SUDO HERP CRAFT(レプティボウル 2)

ずっしりとした安定感、天然石の風合いをもつ爬虫類・両生類用のエサ&水入れです。

mini・MD・SF・MFのサイズラインナップがあります。生体の大きさに適したものを選びましょう。

GEX EXOTERRA(ウォーターディッシュ)

自然の岩をイメージしたテラリウムにぴったりな爬虫類・両生類用の水飲み皿です。

大きな爬虫類でもひっくり返しにくい安定した作りになっています。小さな爬虫類・両生類・コオロギなどが溺れるのを防ぐためのステップ付です。

XS・S・M・L・XLのサイズラインナップがあります。生体の大きさに適したものを選びましょう。

ZooMed(レプティロックコーナーボウル)

コーナーにフィットする水入れ、エサ入れです。

落としても割れません。ヌルヌルが付きにくい素材です。

S・L・XLのサイズラインナップがあります。生体の大きさに適したものを選びましょう。

ZooMed(レプティロックウォーターディッシュ)

水入れ、エサ入れです。

落としても割れません。ヌルヌルが付きにくく簡単に洗える素材で、有害なバクテリアを発生させません。景観を損なわない自然な岩の形をしています。

XS・S・M・Lのサイズラインナップがあります。生体の大きさに適したものを選びましょう。

 

まとめ

私が現在ヒョウモントカゲモドキの飼育で使用している水入れは、ジェックスのエキゾテラ ウォーターディッシュです。

ヒョウモントカゲモドキの飼育がすぐにはじめられるスターターキット「ハビタットキット デザート」にセットで入っていたのでそれを使用しています。

GEX EXOTERRA ハビタットキット デザートの紹介!

2018.12.01

あとスドーのハープクラフト レプタイルディッシュも持っており、ミルワームを与える際に使用しています。返しが付いておりミルワームが脱走できないので、ケージ内に入れておきいつでもヒョウモントカゲモドキが食べることができるので意外と便利で重宝しています。どちらの商品もおすすめです!

では、みなさんもよい爬虫類ライフを!