ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の飼育に必要なオススメの床材を紹介!




どうも、爬虫類ブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

いざヒョウモントカゲモドキを飼育する場合には、どんなアイテムを揃える必要があるのか?

今回は床材に焦点を当てて、おすすめのアイテムなどを紹介していきたいと思います!

 

はじめに

多くの個体を飼育するブリーダーには、キッチンペーパーやペットシーツがおすすめ

床材としてはキッチンペーパーやペットシーツを使用することが多いヒョウモントカゲモドキ飼育。これはメンテナンス性にも優れているので多くの個体を飼育するブリーダーなどでは特に支持されています。

爬虫類専用の床材は美観に優れ消臭効果も高い

キッチンペーパーやペットシーツは、美的にあまり美しくないので美観にこだわる鑑賞派は細かい粒状のサンドがおすすめです。細かい砂であれば仮に誤飲してしまってもフンと一緒に排泄されます。爬虫類専用の床材は美観に優れているばかりではなく消臭効果なども高いです。

定期的に床材は交換しましょう

ヒョウモントカゲモドキは、フンをよくするので取り除きやすいものがおすすめです。フンなどの排泄物は毎日取り除き、キレイに保ってあげましょう。また、定期的に床材は交換しましょう。

 

ヒョウモントカゲモドキの飼育におすすめの床材

爬虫類専用の床材には、砂・クルミ・ソイル・ヤシガラ・バークチップなど天然素材や人工素材のものなど様々な種類があります。ヒョウモントカゲモドキの飼育に関しては乾燥した砂漠の環境に近い砂などの乾燥系床材がおすすめです。

さらに、爬虫類は環境や温度で体色に変化が起きます。ヒョウモントカゲモドキの場合は、床材などの環境によって体色が変わると言われています。明るい色(白系)の床材で飼育すると明度が上がり体色も鮮やかになり、暗い色(黒系)の床材で飼育すると明度が下がり体色も黒ずみます。基本的に鮮やかなカラーのモルフが多いヒョウモントカゲモドキは、明るい色の床材で飼育した方が体色が綺麗で鮮やかになり色上げ効果があるのでおすすめです。

ヒョウモントカゲモドキの飼育に適した代表的な爬虫類専用の床材には、以下のアイテムがあります。

  • カミハタ(ナミブサンド)
  • カミハタ(デザートブレンド)
  • カミハタ(デザートブレンドクラシック)
  • Vivaria(ウォールナッツサンド)
  • GEX EXOTERRA(デザートソイル)
  • GEX EXOTERRA(デザートサンド レッド)
  • GEX EXOTERRA(サンドマット)
  • NISSO WILD PLANET(WPカルシウムサンド)
  • NISSO WILD PLANET(WPホワイトサンド)
  • ZooMed(レプティサンド)
  • ZooMed(レプティフレッシュ)

それでは詳しく紹介していきたいと思います!

カミハタ(ナミブサンド)

地上棲ヤモリや、乾燥地に住む爬虫類に適している床材です。

ナミブサンドは、世界で最も古く美しいと称されるアフリカ大陸南西部に位置するナミブ砂漠にて採取された天然の砂漠砂です。アプリコット色と評されるやや赤みがかった色合いの砂は、長期間の風化によって角に丸みをもち、爬虫類飼育用の床砂として、また乾燥地レイアウトのムードアップに適しています。

カミハタ(デザートブレンド)

砂漠など乾燥地を居住地にする爬虫類などに適している床材です。

クルミの殻を細かく砕いてサラサラの砂のように処理したものです。天然の砂と異なりとても軽くて吸水性が高く、万が一爬虫類がエサと共に飲み込んでしまっても体内で分解・もしくはフンとなって出てくるので安心です。また、燃えるゴミとして廃棄できるので便利です。製品の粒サイズは約2mmです。

1.5kg・3kg・6kgのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

カミハタ(デザートブレンドクラシック)

砂漠など乾燥地を居住地にする爬虫類などに適している床材で、デザートブレンドよりも小粒です。

クルミの殻を細かく砕いてサラサラの砂のように処理したものです。天然の砂と異なりとても軽くて吸水性が高く、万が一爬虫類がエサと共に飲み込んでしまっても体内で分解・もしくはフンとなって出てくるので安心です。また、燃えるゴミとして廃棄できるので便利です。製品の粒サイズは約1mmです。

2.2kg・4.4kgのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

Vivaria(ウォールナッツサンド)

乾燥環境のリクガメ・トカゲ・ヤモリに最適の床材です。

誤食しても安全な100%植物素材で、消臭能力に優れています。通気・吸水性にも優れ、自然な穴居住習性を促進します。また、燃えるゴミとして処理できます。製品の粒サイズは約0.8~2.0mmの細粒です。

1.5kg・3kg・5kgのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

GEX EXOTERRA(デザートソイル)

ケージ内のイヤな臭いを消臭する爬虫類飼育用ソイルです。

多孔質なソイルが排泄物のニオイを吸着して抑ます。排泄物がまとまりやすく毎日のお掃除が簡単です。砂漠~亜熱帯地域に棲息する、地上性・半樹上性トカゲ類に最適な床材です。

800g・2kg・4kg・10kgのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

GEX EXOTERRA(デザートサンド レッド)

砂漠環境に棲息する乾燥系爬虫類などの飼育に最適な爬虫類用底砂です。

100%天然の砂なので、生体に害がなく安心・安全です。保温時の熱伝導に優れているパウダータイプの砂を採用しています。生体の穴を掘る習性を促し、ストレスを軽減させます。

3kg・5.5kgのラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

GEX EXOTERRA(サンドマット)

ケージの中に敷くだけで、簡単にリアルな砂漠環境を再現できます。

汚れても簡単水洗いや交換ができ、清潔でいつもきれいなケージ環境を維持します。グラステラリウムに最適な4サイズ。フトアゴヒゲトカゲ・ヒョウモントカゲモドキの飼育に最適。表面に凸凹があるので生体がしっかりと踏んばれ、健康な股関節を維持できます。

30cmグラステラリウム用・45cmグラステラリウム用・60cmグラステラリウム用・90cmグラステラリウム用のラインナップがあります。ケージの大きさに適したものを選びましょう。

メーカー出荷はすでに終了していますので、お買い求めの場合は早めに購入することをおすすめします。

グラステラリウムについては、以下の記事で紹介していますので参考にしてみてください。

ヒョウモントカゲモドキ(レオパードゲッコー)の飼育に必要なオススメのケージを紹介!

2018.11.17

NISSO WILD PLANET(WPカルシウムサンド)

カルシウムを豊富に含む天然岩石を粉砕した無機砂系床材です。

サラサラの100%天然岩石砂を使用しており、乾燥系を好む生体や砂漠タイプのテラリウムに最適です。穴を掘る生体の習性を促し、ストレスを軽減させます。

NISSO WILD PLANET(WPホワイトサンド)

白く美しい天然砂100%の無機砂系床材です。

サラサラの100%天然乾燥砂を使用しており、乾燥系を好む生体や砂漠タイプのテラリウムに最適です。きめ細かく保温時の熱伝導に優れており、消化内蔵器官に影響を与えにくい生体に優しいパウダータイプの床材です。穴を掘る生体の習性を促し、ストレスを軽減させます。

ZooMed(レプティサンド)

砂漠の砂で、白色のデザートホワイトと赤色のナチュラルレッドの2タイプがあります。

天然砂で染料や化学薬品は使っていないとのことです。

ZooMed(レプティフレッシュ)

消臭効果のある砂漠の砂です。

100%天然成分なので、生体にも安心して使用できます。また、天然ミネラル分を含有しているため、飼育の際に間接的にミネラル分を摂取できます。乾燥地帯に棲息する生き物に適しています。

 

まとめ

私が現在ヒョウモントカゲモドキの飼育で使用している床材は、ニッソーのワイルドプラネット WPホワイトサンドです。

なぜホワイトサンドを使用しているかというと、一番はもちろんヒョウモントカゲモドキの色上げ効果です。あとは見栄えがよくなることですかね。

しかし、ホワイトサンドにはデメリットもあって、パウダータイプでめちゃくちゃサラサラしているせいか写真を見ていただけたら分かるように、ケージのガラス面やシェルターに纏わりついています。メンテナンス時には手にも纏わりつきますし、エサ用のコオロギにも纏わりつきます。もちろん生体にも纏わりつきます。あとホワイトサンドが濡れるとだまになって色も多少汚く見えます。保湿性も高いせいか一度濡れるとなかなか乾いてくれません。最近明らかにデメリットの方を大きく感じており、生体にも良くないんじゃないかなと思っています。なので、次はちょっと粒の粗いカルシウムサンドに変更しようかと考えています!

以前は、ジェックスのエキゾテラ デザートソイルも使用していました。こちらは黒系の床材になるんですが、ソイルなので保湿性が高く濡れても見栄えが悪くなりません。ウェットシェルターと併用することで、ケージ内の湿度も霧吹きなしで常に60~70%くらいは維持することができていました。黒系の床材でも大丈夫って方は、こちらの商品もおすすめです!

では、みなさんもよい爬虫類ライフを!