【Hanes】パックTシャツのパイオニア「ヘインズ」のBEEFY-T(ビーフィー)は、驚異の耐久性と最高の着心地で大人メンズにおすすめ!

どうも、SHU(@pierrot_shu)です。

誰もが持っている定番アイテム「Tシャツ」。夏はサラッと1枚で、もちろんインナーとしても、Tシャツはオールシーズン着まわせる万能アイテムです。とくに無地のTシャツはシンプルなデザインで使い勝手も良くおすすめです。しかし、シンプルがゆえに様々なブランドから数多くのTシャツが販売されており実は奥が深いTシャツ選び。だからこそ着心地・快適性・耐久性などの品質はもちろん、デザイン・シルエットなどにもこだわりたいですよね。

今回は星の数ほどあるTシャツの中でも、パックTシャツで有名なヘインズのBEEFY-T(ビーフィー)を紹介したいと思います。

パックTシャツとは?

パックなどに梱包され販売されているTシャツのことをいいます。シンプルで無地のものが多く2〜3枚など複数枚パッケージングされているものもあり、おしゃれに着ることができる絶妙なデザインと安価に購入できるリーズナブルさもあって人気を集めています。

はじめに:ヘインズのBEEFY-T(ビーフィー)について

100年以上愛され続ける、アメリカを代表するブランド「ヘインズ」

1901年に、P.H.ヘインズとその弟により始まった「ヘインズ」。ワンピース・タイプの画期的なアンダーウェア「ユニオン・スーツ」の大ヒットを機にその名を広めました。

1947年、たくさんの人にヘインズのアンダーウェアで毎日の暮らしを快適に過ごしてほしいという願いから、複数をのTシャツをリーズナブルな価格で提供するためにパックTシャツを開発し、以降アンダーウェアマーケットでの地位を確立しました。

ヘビーウェイトTの代名詞「BEEFY-T(ビーフィー)」がデビュー!

1975年、ヒッピー文化の象徴でもあるプリントTシャツのボディとして開発された「BEEFY-T」。タフなつくりと快適な着心地で、アウターとしてのTシャツが定着しました。

ビーフィーは、2015年に誕生40周年を迎えリニューアルしました。丈夫で洗えば洗うほど肌に馴染む独自の風合いが特徴のヘビーウェイトTシャツとして親しまれ、今もなお男性だけではなく女性にもその快適な着心地やシルエットで圧倒的な人気を誇る商品です。

BEEFY-T(ビーフィー)のおすすめポイント

  • 牛のようにタフでたくましいボディで、洗濯するたびに肌に馴染む
  • クラシックなボックスシルエットに詰め込められた快適性
  • 耐久性・快適性を考慮すればコスパも超優秀

牛のようにタフでたくましいボディで、洗濯するたびに肌に馴染む

ビーフィーの最大の特徴といえば、もちろんヘビーウェイト(肉厚)生地だということです。丈夫で長持ちし、洗いこんでも首回りが伸びにくく型崩れしない強さと耐久性があります。逆に洗えば洗うほど肌に馴染む独自の風合いはビーフィーならではといえます。

クラシックなボックスシルエットに詰め込められた快適性

ビーフィーはアメリカを感じるクラシックなボックスシルエットで、サイズ・カラー展開も大変豊富です。またコットン100%の生地を使用し脇に縫い目がない「丸胴編み」を採用、衿ネームは熱転写のタグレス仕様で背中に違和感を感じることもなく、ストレスフリーの心地よい着心地を実現しています。

耐久性・快適性を考慮すればコスパも超優秀

ヘインズの公式通販サイトでビーフィー2枚組は税込3,190円、1枚の方は税込1,650円という価格で販売されています。2枚組の方が若干お得で1枚当たり1,595円で購入できます。Amazon楽天Yahooショッピングだとさらに安い価格で購入することもできます。ユニクロなどのファストファッションブランドと比較しても大差ない金額で購入することができます。

まとめ

私はビーフィーと出会う前までは1枚1,000円前後のTシャツを使用しており、「Tシャツはワンシーズン限りの消耗品」という価値観を抱いていました。いくら安くてもワンシーズン限りの消耗品では決してコスパが良いとは言えません。だからと言ってTシャツ1枚の手入れに気を使っていては、それこそTシャツの醍醐味を大きく損なってしまいます。

本当にコスパが良いTシャツとは「着心地が良くて、毎日気軽に着られて、気にせず洗濯できて、丈夫で長持ちで、なおかつ安いもの」です。その点ビーフィーはすべてに当てはまりおすすめです。

SHU
Tシャツに対する価値観が変わりました!

オールシーズン服10着で着まわすメンズのワードローブ術

2019年11月30日

ABOUTこの記事をかいた人

1993年佐賀県生まれ。複業家。「本業×副業×個人事業」といった三足の草鞋の働き方で、人生100年時代に向けてライフスタイル・ワークスタイルを模索中。”全力で「遊ぶ」「働く」「学ぶ」”といったテーマで『SHULOG』にて情報発信中!☞プロフィール詳細はこちら