爬虫類の生餌について【昆虫編】

どうも、爬虫類ブロガーのSHU(@kitajimashuichi)です。

爬虫類飼育で重要なのは生体にあった飼育環境と餌です。最低限これさえしっかりと守っていれば爬虫類飼育で失敗することはまずありません!

今回は爬虫類のエサの中でも、昆虫(生餌)に焦点を当てて紹介していきたいと思います!

 

はじめに

どんな生き物を飼っていても、見ていてもっとも楽しく癒されるのは給餌のタイミングではないでしょうか。とくに爬虫類のエサやりは、給餌の楽しさが他のペットよりも顕著に表れていると個人的には思います!

しかし、ヤモリやトカゲなどの爬虫類やカエルやイモリなどの両生類のほとんどが野生下で主食としているのは生きた昆虫です。もちろん飼育下でもこれは例外ではありません。

今でこそ爬虫類もペットとしてメジャーな存在になってきて人工フードの開発も進み充実してきましたが、主食が昆虫食の爬虫類で頑なに生きた昆虫以外は食べてくれないという意外と頑固な食生活を送っている種類が多く存在しているのも現状です。そうなると必然的に生きた昆虫が大量に必要となってきますし、場合によっては複数種類の昆虫を常に準備しておく必要性も出てきます。

そこで餌昆虫のストックが重要になってくるのですがこれには大変な手間がかかります。爬虫類飼育者の間でよく言われているのが「爬虫類を飼っているのか、コオロギを飼っているのかわからない…」。ぶっちゃけ昆虫食の爬虫類の飼育は、餌昆虫の飼育の方が手間がかかります。

爬虫類を飼育していれば餌昆虫への抵抗感は自然となくなる

爬虫類を飼ってみたいけど「どうしても生きた昆虫は無理!」と難色を示したり抵抗感から敬遠する人もなかにはいます。私もそのひとりでした。最初はコオロギすら抵抗感があり触れなかったんで、給餌は嫁さんがやってました。正直な話、当初は爬虫類すらまともに触れませんでした(笑)今では嫁さんより爬虫類飼育にハマりすぎて逆に惹かれていますが…

ぶっちゃけ爬虫類を飼育していると餌昆虫にも慣れます!

爬虫類を飼育するうえで実際に爬虫類ショップに足を運んだり、ブログやユーチューブなどで情報収集をしたりする際に餌昆虫も多く目にするかと思います。すると次第に餌昆虫にも慣れてきます。私の場合は目の前で嫁さんがコオロギを扱っていたというのが大きかったんでしょうけど…

爬虫類も餌昆虫も「身近なもの」になれば抵抗感はなくなるものです。

 

餌昆虫の種類

エサとなる昆虫たちもコオロギやゴキブリ、ワームなど種類も多種多様です。爬虫類専門店や熱帯魚ショップ、イベント、さらにはネットショップなどでも容易に購入ができるのでエサに困ることはありません。

コオロギ

コオロギは飼育容器内が汚れていたり、過密すぎるとすぐに死んでしまいます。なのでこまめな管理が必要です。主に餌用として流通しているコオロギには、ヨーロッパイエコオロギ(イエコ)とフタホシコオロギ(クロコ)の2種類がいます。

コオロギの管理(飼育・繁殖)方法

2018.12.27

・ヨーロッパイエコオロギ

  • 栄養価:★★★★☆
  • 嗜好性:★★★★☆
  • 食べ易さ:★★★★☆
  • 入手し易さ:★★★★★
  • 管理し易さ:★★★★☆

栄養価、入手のしやすさ、扱いやすさ、あらゆる面でバランスがいい爬虫類の定番食です。これといった難点はなく、爬虫類も好んで食べてくれます。雑食性で、稀に生体に噛みつくこともあるので、動きの遅い生体にはきちんとピンセットから与えた方が良いです。

・フタホシコオロギ

  • 栄養価:★★★★★
  • 嗜好性:★★★☆☆
  • 食べ易さ:★★★★☆
  • 入手し易さ:★★★★☆
  • 管理し易さ:★★☆☆☆

イエコより更に栄養価が高い万能餌です。ただし、イエコと比べると管理が若干手間で、過密、蒸れに弱く、しかも鳴き声がうるさいです。肉食傾向が強く、生体に噛みつく可能性が高いので、バラマキ給餌は避けましょう。臭いが強く、なかには嫌がる個体もいます。

ゴキブリ

「とにかく丈夫で、繁殖しやすく、場所もとらない」とエサとしてはとてもオススメです。また「エサ代も安く、エサによくがっつき、意外と挙動が感情豊かで可愛い」とペットとしての魅力も抜群で飼っている人も多くいます。ゴキブリという先入観さえどうにかすれば意外と愛情が湧くはずです(笑)主に餌用として流通しているゴキブリには、レッドローチとデュビアの2種類がいます。

ゴキブリの管理(飼育・繁殖)方法

2018.12.29

・レッドローチ

  • 栄養価:★★★★★
  • 嗜好性:★★★★☆
  • 食べ易さ:★★★★☆
  • 入手し易さ:★★★★☆
  • 管理し易さ:★★★★★

高栄養で繁殖もしやすく世話も楽で、個人的にめちゃくちゃおすすめの餌昆虫です!多くの種類の爬虫類を飼育している人ほどレッドローチをエサとして与えている人が多いような気がします。

・デュビア

  • 栄養価:★★★★★
  • 嗜好性:★★★★☆
  • 食べ易さ:★★★☆☆
  • 入手し易さ:★★★☆☆
  • 管理し易さ:★★★★★

正式にはアルゼンチンフォレストローチといい、「高栄養」「襲わない」「死なない」の3拍子が揃った餌用ゴキブリです。デュビアの成体は結構大きくなるので、ヤモリなど与える爬虫類によってはMサイズと呼ばれる幼虫を与えるなど注意が必要です。

ワーム

ワームは他の餌昆虫より圧倒的に管理はしやすいですが、栄養価が極端に低かったり偏ったりしているので単食には十分に注意しましょう。主に餌用として流通しているワームには、ミールワームやジャイアントミルワーム、その他にもハニーワームやシルクワームなどさまざまな種類がいます。

ワームの管理(飼育・繁殖)方法

2019.01.15

・ミールワーム

  • 栄養価:★★☆☆☆
  • 嗜好性:★★★★☆
  • 食べ易さ:★★★★☆
  • 入手し易さ:★★★★★
  • 管理し易さ:★★★★★

爬虫類の定番食で、あらゆる爬虫類や両生類の初期給餌に最適です。ただし栄養価が極端に低いので、最終的にはコオロギなどへの移行が好ましいです。

・ジャイアントミルワーム

  • 栄養価:★★★☆☆
  • 嗜好性:★★★★☆
  • 食べ易さ:★★★☆☆
  • 入手し易さ:★★★★★
  • 管理し易さ:★★★★★

非常に脂肪分が多いので、単食には注意が必要です。時々大型の爬虫類の腹を満たす感覚で与えるといいでしょう。

・ハニーワーム

  • 栄養価:★★★☆☆
  • 嗜好性:★★★★★
  • 食べ易さ:★★★★★
  • 入手し易さ:★★★☆☆
  • 管理し易さ:★★★★★

嗜好性は極めて高いですが脂肪分が多く肥満になるため、単食には注意が必要です。拒食時や生体の産卵後の栄養補給、その他おやつ感覚で与えるようにしましょう。

・シルクワーム

  • 栄養価:★★★★☆
  • 嗜好性:★★★★★
  • 食べ易さ:★★★★★
  • 入手し易さ:★★★☆☆
  • 管理し易さ:★★☆☆☆

栄養価・嗜好性が高く、非常に水分量が多いので水分補給にも使えます。ただし雑菌に弱く管理には細かい注意が必要です。

その他(ワラジムシ・シロアリ・羽なしショウジョウバエ)

  • 栄養価:★★★★☆
  • 嗜好性:★★★★★
  • 食べ易さ:★★★★★
  • 入手し易さ:★☆☆☆☆
  • 管理し易さ:★★★☆☆

有尾類やヤドクガエル、小型の地表棲ヤモリから絶大な人気があります。乾燥に極端に弱いです。

 

ガットローディングとダスティング

日本でメインとして与えている人はあまりいませんが、爬虫類の本場ヨーロッパではメインとして与えられているミールワームを例にすると分かりやすいです。

ミールワームの栄養価は、カロリーこそ高いもののミネラルなどの栄養バランスは必ずしも良いとはいえません。とくにミールワームを主要な生餌として与える機会の多い爬虫類や両生類のような脊椎動物は、リン酸カルシウムで構成された内骨格を持つためリンとカルシウムの摂取バランスが重要であり、多くの場合はリン:カルシウム=1:1.5が望ましいとされていますが、ミールワームはリン:カルシウム=14:1でリンとカルシウムの比率が著しく悪いためカルシウムの摂取上好ましくない面があります。

そのため、生餌として使う際には炭酸カルシウムの粉末を表面に塗してミネラルバランスを矯正する方法(ダスティング)や、あらかじめミールワームに野菜屑やドッグフードなどを餌として与えておき、間接的にビタミンなどの含有量を上げる方法(ガットローディング)がよく用いられています。

一般的に栄養価が極端に低いといわれているミールワームですが、ガットローディングとダスティングをしっかりと行うことでコオロギと遜色のない程度まで栄養価を高めることができます。

  • ガットローディング

昆虫に高栄養価の餌を与えることで餌昆虫自体の栄養価をアップさせること

  • ダスティング

昆虫の栄養価を補うためにカルシウム剤やビタミン剤をまぶす(ダスティング)こと

ガットローディング

ミールワーム自体の栄養価は非常に低いので、基本はガットローディングして与えます。海外ではミールワームをビタオールで飼育するのが一般的です。こうすることでミールワーム自体のビタミンやアミノ酸などの栄養価を底上げすることができます。

昔、爬虫類飼育でダスティングによるカルシウム剤やビタミン剤の過剰摂取が多く問題になったこともあるようです。その時ガットローディングなら過剰摂取を避けられるのでは?といった考え方が広まったようです。ガットローディングに関してはネット上でさまざまな意見が飛び交っていますがするにこしたことはないので、個人的にはガットローディング推奨派です。

ダスティング

昆虫類はリンの含有率が高く、カルシウムが不足がちになってしまうので粉末状のカルシウム剤を必ずエサにまぶしてから与えるようにしましょう。これを怠ると骨の発育不良やクル病になって生体がまともに歩くことさえできなくなります。

カルシウム剤にはビタミンやミネラル入りのものなどさまざまなアイテムが流通していますが、先ほど紹介したガットローディングをしっかりと行えているのであればカルシウムのみでも大丈夫かと個人的には思います。

 

まとめ

爬虫類飼育という趣味はコオロギなどの生きた昆虫を与えたり、ときには生きたマウスを与えたり、業が深いことは否定できません。娯楽のために命を奪う残酷趣味と思う人もいるでしょう。しかし、命を粗末にしているわけではありません。自分の大事なペットの命を守るために、他の命を犠牲になって貰っているんです。私たち人間だってそうです。牛・豚・鳥などの家畜動物の命を頂いて自分たちの生命維持ができています。それが必ずしも残酷とは思いません。あくまで飼育者側の私の意見ですけどね。

では、みなさんもよい爬虫類ライフを!